2016年06月21日 15時00分 公開
特集/連載

シェアリングエコノミー業界はデータ分析が命綱、データ駆動型改革のススメペットシッター分野の“Airbnb”と呼ばれるRover.comの事例

シェアリングエコノミービジネスにとって、データに基づいた意思決定はなぜ重要なのか。ドッグシッターのマッチングサービスRover.comの最高技術責任者(CTO)であるスコット・ポラド氏がその理由を説明する。

[Ed Burns,TechTarget]
Rover.com Rover.comのWebサイト《クリックで拡大》

 スコット・ポラド氏には、幼少期に犬を飼っていた経験もなければ、大人になるまで犬を飼ったこともなかった。だが現在、ポラド氏の生活は犬一色だ。正確に言えば、犬とデータ駆動型のイノベーションを、シェアリングエコノミーの世界にもたらすことがポラド氏の生活の中心になっている。

 ポラド氏は、ドッグシッティング(ペットシッター)分野の“Airbnb”と呼ばれるRover.comで、最高技術責任者(CTO)として働いている。このポストに就いたのは、同氏が人生で初めて犬を飼ってから程ない約5年前のことだった。同氏が妻と記念日の旅行の計画を立てているときに、不意に思い至ったのだ。旅行中、犬の世話はどうすればよいのだろうかと。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...