2016年05月23日 12時00分 公開
特集/連載

勢いをどう保つか「IBM Watson」への高過ぎる期待、ビジネス成功への鍵は開発者?

IBMは米国の人気クイズ番組「Jeopardy!」で脚光を浴びたWatsonをベースとした製品を作って、再び世間の関心を集めようとしている。

[Craig Stedman,TechTarget]
画像 IBM Watson《クリックで拡大》

 IBMの「Watson」は、機械学習と自然言語処理テクノロジーを利用してテキストなどの非構造化データを分析するコグニティブコンピューティングシステムだ。合成音声を媒介して話せるWatsonは、2011年にテレビ放映されたクイズ番組「Jeopardy!」で、最高賞金獲得者のチャンピオン2人と2ゲーム対戦して勝利を収めたことで有名になった。現在IBMはWatsonを主流の分析プラットフォームに押し上げるべく取り組んでいる。

Watsonへの期待

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...