2016年05月23日 12時00分 公開
特集/連載

「IBM Watson」への高過ぎる期待、ビジネス成功への鍵は開発者?勢いをどう保つか

IBMは米国の人気クイズ番組「Jeopardy!」で脚光を浴びたWatsonをベースとした製品を作って、再び世間の関心を集めようとしている。

[Craig Stedman,TechTarget]
画像 IBM Watson《クリックで拡大》

 IBMの「Watson」は、機械学習と自然言語処理テクノロジーを利用してテキストなどの非構造化データを分析するコグニティブコンピューティングシステムだ。合成音声を媒介して話せるWatsonは、2011年にテレビ放映されたクイズ番組「Jeopardy!」で、最高賞金獲得者のチャンピオン2人と2ゲーム対戦して勝利を収めたことで有名になった。現在IBMはWatsonを主流の分析プラットフォームに押し上げるべく取り組んでいる。

Watsonへの期待

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...