特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える

Apple、Googleも開発本格化、IoTで家を守る「スマートセキュリティ」とは対話型で次の段階に行くスマートセキュリティ

IoT(モノのインターネット)の登場により、ホームセキュリティの形が変わりつつある。どのように変わってきているのか紹介する。

2016年12月08日 08時00分 公開
[Brad RussellTechTarget]
ホームセキュリティ/ホームコントロールプラットフォーム「Pulse」の公式Webページ《クリックで拡大》

 スマートセキュリティ/セーフティデバイスの分野における最近の進歩は、一般消費者の不安解消につながる新しい広範なソリューションの登場を促した。こうした取り組みをリードしているのがIoT(モノのインターネット)技術に注力している企業で、これらの企業は住居の安全性を高めるスマートタイプのコネクテッド製品やサービスの開発も進めている。

 今のところ、これらのデバイスの市場をけん引する最大の原動力となっているのがホームセキュリティだ。市場調査会社Parks Associatesの調査によると、現在、ブロードバンドを利用している米国家庭の19%が何らかのスマートホームデバイスを所有している。またセキュリティシステムを導入している家庭の半数がスマートホームデバイスを所有している。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。