2016年10月23日 07時00分 公開
特集/連載

「3Dプリント料理専門店」も登場、世界を変革する3Dプリントの衝撃スーパーマーケットにも3Dプリンタ

小売業や製造業、医療業界において「3Dプリント」が注目されている。それぞれの業界でどのように活用されているのか紹介する。

[Vince Font,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | CAD | 技術解説 | トレンド解説


Amazonの「3Dプリントストア」のWebサイト

 3Dプリントは、世界を変革する技術である。3Dプリントの影響は驚くほど大きい。オーダーメイドのスマートフォンカバーを設計してプリントすることから、臓器の再生に至るまで、その可能性は無限に広がっている。もちろん、臓器は人間の臓器のことである。3Dプリントをさらなる高みに昇華させる役目を担う十億ドル規模の企業による計画を見る前に、3Dプリントの現状を確認したい。

 現在、3Dプリンタは、さまざまな素材を使って物体を“プリント”できる。使用可能な素材には、プラスチック、金属、生物学的物質、さらには食べ物までが含まれる。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。