2016年11月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

壁の向こうを透視できる世界が実現するかもARは「Pokemon GO」だけではない、驚きをもたらすAR活用事例とは (1/2)

スマートフォンゲーム「Pokemon GO」によって、拡張現実(AR)が世の中に広く認知されるようになった。ビジネスでは、AR技術をどのように活用されているのかを紹介する。

[Beth Stackpole,TechTarget]
Pokemon GOの公式Webサイト《クリックで拡大》

 拡張現実(AR)は2016年夏、世界中の人たちを夢中にさせたスマートフォンゲーム「Pokemon GO」の流行によって皆の知ることになった。だがこの大人気ゲームは、氷山の一角にすぎない。AR技術は、小売りから製造まで、さまざまな業界を変革する大きな可能性を秘めている。

 これまで仮想現実(VR)ほど知られてこなかったが、ARはコンピュータが作り出す仮想環境に没入するVRとは異なり、コンピュータが生成する画像をユーザーの現実世界の視界に重ね合わせ、情報を付加する技術だ。音やグラフィック、GPSデータ、動画、3Dモデルなど、コンピュータが生成するさまざまな知覚データが、デジタルな世界と現実の世界とを橋渡しする。企業にとってARの可能性は無限大だ。例えば、ARを活用して倉庫内の作業員や店舗の販売員に有用な情報を与えることで、生産性を向上できる。また顧客とのやりとりを効率化し、現場で常に最適な保守点検を実現できる。

まずはマーケティング分野から

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...