2016年09月15日 07時00分 公開
特集/連載

「Pokemon GO」のヒットで変わったこと、変わらないこと 企業の対応は?ARの取り組みが本格化(1/2 ページ)

「Pokemon GO」により、ARアプリケーションが企業のモバイル戦略の一部になろうとしている。実際、ビジネスではどのように使われているのだろうか。

[Stan Gibson,TechTarget]
Pokemon GOの公式Webページ《クリックで拡大》

 かつてゲームやエンターテインメントの領域に限られていた拡張現実(AR)が、多様な業界にも浸透しつつある。AR技術のコストが下がり、2016年夏にNianticとポケモンが共同開発したスマートフォンゲーム「Pokemon GO」がリリースされたことで、ARがいつ法人市場に登場するかという推測に火が付いた。業界で一致した見方として、ARが主流となり、ARアプリケーションが企業のモバイル戦略の一角を占める時代が到来している。

 多くの最高情報責任者(CIO)は既にその構図を描いている。IDCのアナリスト、トム・メネリ氏によると、ARソフトウェアを試用中または試用する予定がある組織は50%を超える。「ARは多大な関心を集め、大きな成功を収める。クライアントPCと同じように、企業内のビジネスプロセスを変化させるだろう」と同氏は言う。IDCの予測によると、ARおよび仮想現実市場の売り上げは2016年の520億ドルから、2020年には1620億ドル超へと増える見通しだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...