2016年12月19日 15時00分 公開
特集/連載

「ブロックチェーン」に約3兆円をつぎ込む中国企業、何を目指しているのか?サプライチェーン管理にブロックチェーンを全面採用(1/2 ページ)

仮想通貨の根幹技術「ブロックチェーン」を他分野で活用する動きが広がっている。中国企業Wanxiang Groupもその1社だ。ブロックチェーン関連で2023年までに300億ドルの投資を決めた同社の取り組みに迫る。

[Tiana Laurence,TechTarget]

関連キーワード

金融 | SCM


画像 ブロックチェーンの応用が世界で加速し始めた

 「ブロックチェーン」の原理はシンプルであり、多くの用途において非常に高い柔軟性を発揮する。ブロックチェーンを利用すれば、誰でも追跡できる透明性と、途切れることがない永続性があるレコードが実現できる。精査によって正確さが保証されたデータの保管場所を、誰でも手に入れることができるのだ。

 中国の大手自動車部品メーカーである多国籍企業のWanxiang Groupは、ブロックチェーンの原理に絶大なる信頼を寄せており、この技術を2つの異なる重要な事業で採用している。一方は、自動車部品メーカーとしての中核事業。もう一方は、現在の社会が直面している最大のテクノロジー革命の1つである、スマートシティー構想への関与だ。

ブロックチェーンを採用する理由

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

DX遅れまくり業界における挑戦 アステラス製薬が“脱プロモーションサイト”に向けてやったこと
DXが遅れがちなヘルスケア領域だが、顧客(医療従事者と、その先にいる患者)のニーズに...

news127.jpg

業界特化型CDPソリューション「DOMA」 電通デジタルが提供開始
独自に構成したテンプレートを使って業界特化型の汎用パッケージを開発。迅速かつ低コス...

news107.jpg

マーケターこそ今知るべき「インクルージョン」について
世界的な広告会社のグローバルCMOにして社会活動家でもあるアシシュ・パラシャール氏が、...