2014年10月06日 15時00分 公開
特集/連載

それでも使う? 「ビットコイン」の安全性確保はかなり大変企業は否が応でも対応が必要になるかも

現時点では、企業にとってビットコインのセキュリティを考える必要はないかもしれない。だが、将来はどうだろうか。本稿では暗号通貨の安全を確保する方法を紹介する。

[Michael Cobb,TechTarget]

関連キーワード

Apple | OS | 暗号化


 早急に企業の決済システムをアップグレードしてビットコインに対応する必要はない。だが、ビットコインの使用について調査する価値はある。インターネットへの依存度が高い企業やデジタル製品/サービス(オンラインゲームやサブスクリプションサービスなど)を販売している企業にとっては、特にそうだろう。

 暗号通貨は普及が予想される。中国など一部の国では、暗号通貨の使用が禁止されている。だが、米国をはじめとする多くの国では暗号通貨に対して楽観的な見方をしている。実際、一部の大企業の製品やサービスでは、支払いにビットコインが使用できるようになっている。米Overstock.com、米Zynga、米Virgin Galactic、米Tesla Motorsなどがその一例だ。販売業者がビットコインを採用するメリットは、一般的にビットコインの取引手数料がクレジットカードよりも2〜3%安いことだ。一方、ビットコインで支払う顧客にとって最大のメリットは、個人情報の盗難に遭う可能性があるデータを残す必要がないことだ。

ビットコイン盗難ウイルスが急増

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。