2014年10月08日 12時00分 公開
特集/連載

対策は進んでいるがやっぱりヒヤヒヤ全く気を抜けないビットコインのセキュリティ事情

ビットコイン取引所は成熟しつつあるが、セキュリティの問題が依然として残っている。普及団体のBitcoin Foundationはこの問題をめぐり、良いニュースと悪いニュースの両方を紹介している。

[Rob Wright,TechTarget]

 ビットコインとその取引所は成熟しつつあるが、この暗号通貨をめぐっては依然セキュリティのリスクが懸念されている。

 国際プライバシープロフェッショナル協会(IAPP)とクラウドセキュリティアライアンス(CSA)が2014年9月17日〜19日(米国時間)にカリフォルニア州サンノゼで共同開催したカンファレンス「IAPP Privacy Academy and CSA Congress 2014」では、ビットコインの普及に取り組む非営利団体Bitcoin Foundationの法律顧問を務めるパトリック・マーク氏と、法律事務所Steptoe & Johnsonのパートナー弁護士であるジェイソン・ワインスタイン氏が講演し、ビットコインに今なお存在しているリスクや、ビットコインのセキュリティを強化する新技術について語った。

ビットコイン取引は匿名じゃない

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。