2016年08月15日 15時00分 公開
特集/連載

クラウドSparkの導入、思い込みとは正反対の「本当のメリット」とは?セキュリティとコストパフォーマンスの視点で考える

「Apache Spark」の商用ディストリビューションの多くには、クラウドのオプションが用意されており、顧客から人気を博している。だからといって、それがあらゆる状況で役に立つわけではない。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 「Apach Spark」最新バージョン「Spark 1.6.0」は公式サイトからダウンロードできる《クリックで拡大》

 「Apache Spark」(以下Spark)の商用ディストリビューションのオプションであるクラウドSparkアーキテクチャの導入は、簡単なことだと思うかもしれない。そもそも、多くの商用ディストリビューションはリモートで実行する準備が整っている。また、計算能力の需要が急増するときにはスケールアップできるというメリットもある。だが、全ての企業がその選択肢を採用するとは限らない。

Spark導入企業の誤算

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。