2016年08月15日 15時00分 公開
特集/連載

クラウドSparkの導入、思い込みとは正反対の「本当のメリット」とは?セキュリティとコストパフォーマンスの視点で考える

「Apache Spark」の商用ディストリビューションの多くには、クラウドのオプションが用意されており、顧客から人気を博している。だからといって、それがあらゆる状況で役に立つわけではない。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 「Apach Spark」最新バージョン「Spark 1.6.0」は公式サイトからダウンロードできる《クリックで拡大》

 「Apache Spark」(以下Spark)の商用ディストリビューションのオプションであるクラウドSparkアーキテクチャの導入は、簡単なことだと思うかもしれない。そもそも、多くの商用ディストリビューションはリモートで実行する準備が整っている。また、計算能力の需要が急増するときにはスケールアップできるというメリットもある。だが、全ての企業がその選択肢を採用するとは限らない。

Spark導入企業の誤算

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...