SAPユーザーが思い悩む「SAP S/4HANA」への移行時期、リアルタイム処理をいつ手にする?別れるユーザーの判断(1/2 ページ)

ユーザーやアナリストの多くは、インメモリデータベースを求めて「SAP S/4HANA」への移行は避けられないと考えている。だが、移行がなかなか進まない企業も少なくない。その理由とは。

2016年04月26日 15時00分 公開
[Jim O'DonnellTechTarget]
SAP Business Suite 4 SAP HANAの公式Webページ《クリックで拡大》

 多くのSAPユーザーはロードマップを手にして旅に出ている。目指すはSAPの「SAP Business Suite 4 SAP HANA」(S/4HANA)だ。メモリにデータを配置して処理する「インメモリデータベース」を目指す旅が簡単なものになると考えるユーザーはほとんどいないだろう。

 多くのユーザーやアナリストは、SAPの「SAP ERP」システムをS/4HANAにアップグレードすることは免れないと考えている。だが、具体的なプロジェクトにはまだ乗り出していない。ほぼ全てのITプロジェクトに共通することだが、計画がなかなか進まない理由はたくさんある。技術面やビジネスプロセスの問題、経済的な理由までさまざまだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。