2015年06月17日 12時00分 公開
特集/連載

オンワード樫山が「SAP on AWS」全面導入、オンプレミスとの“比較表”を公開基幹システムをクラウド環境で再構築(1/2 ページ)

2015年3月に基幹システムを全面刷新したオンワード樫山では、アパレル業界向けERPの「SAP AFS」をクラウドサービスのAWS上で稼働している。導入の背景、比較検討のポイント、本番稼働から得られたノウハウを紹介する。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]
オンワード樫山 越智正純氏《クリックで拡大》

 大手アパレル企業のオンワード樫山は、2015年3月に基幹システムを全面刷新。新たな基幹システムにはSAPジャパンのアパレル業界向けERP「SAP Apparel and Footwear Solution(SAP AFS)」を、インフラ基盤にはアマゾン データ サービス ジャパンの「Amazon Web Services(AWS)」を採用した。2015年6月に開催された「AWS Summit Tokyo 2015」のセッションから、導入の背景、比較検討のポイント、本番稼働から得られたノウハウを紹介する。

 オンワード樫山ではこれまで、メインフレームを中心とした自社システムを運用してきたが、システム構造の複雑化が進み、各種制度変更に伴う運用や改修の負荷が課題となっていた。オンワード樫山 マーケティング・情報戦略室 情報経営部 基幹情報課 課長の越智正純氏は「25年使ってきたシステムが中長期的に、オンワードのIT基盤に求められる要件を満たしていけるのかということに強い危機感があった」と当時を振り返る。

SAPとAWSを選定した理由

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

売り上げ1億ドル超えのメガヒットアプリ、2021年は233本 うち4分の3がゲーム
年間売り上げが100億ドルを超えるアプリが続出、世界の消費者から財布の中身と生活時間を...

news053.jpg

リアル行動ビッグデータを活用したイベント集客特化型デジタル広告 博展とunerryが提供
国内最大級のリアル行動データにより、精度の高いターゲティングを実現するデジタル広告。

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...