2015年04月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

旭硝子の“AWSファースト”事例【前編】「クラウドには向かない」レガシーシステムをAWSへ――旭硝子の決断

ガラスメーカー大手の旭硝子が「Amazon Web Services」へ基幹システムの移行を決定した。当初は「クラウドには向かない」「古いタイプの情シス」と自らを評価していた同社がAWS移行を決断したワケとは?

[五味明子]

 国内の企業ITがクラウドコンピューティングに移行しにくい大きな理由の1つに、長い年月にわたって培ってきた膨大なレガシー、特に社内業務を支える基幹システムの存在がある。最低5年から10年は運用しなければならないハードウェアや、サブスクリション契約から逃れられないミドルウェア、そしてその上で構築してしまった汎用性の乏しいアプリケーション、そうしたものがお互いに密接に絡み合い、どこにも動くことのできない巨大な足かせとなって、時代の変化を受け入れ難くしてしまう。最初からクラウド上に基幹システムを構築できるスタートアップと比べ、抱えているものが重く、大きすぎるのだ。

 だが、そうした企業にもパラダイムシフトは確実に訪れつつある。レガシーの塊だった基幹システムをクラウドに移行するケースが、国内大企業で少しずつ増えてきているのだ。本稿ではその代表的な事例として、世界トップクラスのガラスメーカーである旭硝子が「Amazon Web Services」(AWS)に基幹システムの一部である「SAP ERP」の移行を決定した話を紹介したい。なぜ国内大企業は今、クラウド移行を選ぶ時期に来ているのか、そしてこの移行は彼らのビジネスをどう変えようとしているのか。クラウドが企業ITにもたらすポテンシャルについて考えてみたい。前編では、旭硝子がクラウド移行を決断した経緯、懸念点をどのように払拭したのか、AWSを選んだ理由について紹介する。

クラウドは企業ITに向かないのではという不安

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...