米コナミ、SAP採用により8週間でゲーム直販サイト開設Case Study

米コナミは昨年の年末商戦に合わせ、SAPベースのゲーム直販サイトを開設した。50万ドルに満たないコストで短期間に構築したが、大きな問題もなく稼働している。その成功の秘密は?

2006年01月27日 09時06分 公開
[TechTarget]

 これまでと違う販売・マーケティング手法で顧客にアプローチするため、顧客に直接ゲームを販売するサイトを設けた米コナミ。

 このプロジェクトは、同社がゲームのさまざまな提供方法を試すための基盤作りでもあった。いずれはXbox 360のようなインターネットに直接つなぐことができるゲーム機で、新作タイトルのダウンロードも可能になる。

 サイトを立ち上げるにあたり、同社はmySAP CRMのバージョン4.0を利用して、電子商取引機能を既存のSAP R/3 Enterpriseシステムに統合することを決めた。

 プロジェクトのコストは50万ドルに満たなかったが、コナミは既存の流通経路を通さずにテレビゲームなどの商品を販売することで、ゲーマーと直接的な関係を築けるようになった……

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...