2006年01月27日 09時06分 公開
特集/連載

米コナミ、SAP採用により8週間でゲーム直販サイト開設Case Study

米コナミは昨年の年末商戦に合わせ、SAPベースのゲーム直販サイトを開設した。50万ドルに満たないコストで短期間に構築したが、大きな問題もなく稼働している。その成功の秘密は?

[TechTarget]

 これまでと違う販売・マーケティング手法で顧客にアプローチするため、顧客に直接ゲームを販売するサイトを設けた米コナミ。

 このプロジェクトは、同社がゲームのさまざまな提供方法を試すための基盤作りでもあった。いずれはXbox 360のようなインターネットに直接つなぐことができるゲーム機で、新作タイトルのダウンロードも可能になる。

 サイトを立ち上げるにあたり、同社はmySAP CRMのバージョン4.0を利用して、電子商取引機能を既存のSAP R/3 Enterpriseシステムに統合することを決めた。

 プロジェクトのコストは50万ドルに満たなかったが、コナミは既存の流通経路を通さずにテレビゲームなどの商品を販売することで、ゲーマーと直接的な関係を築けるようになった……

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...