2012年04月03日 09時00分 公開
特集/連載

SAPが準備中の「中堅・中小企業向けSAP HANA」は受け入れられるかSMBにも超高速分析を

SAPはインメモリデータベース「SAP HANA」を「SAP Business One」ユーザー企業の中堅・中小企業(SMB)向けに提供予定だ。その狙いは何か、そしてSMBにニーズはあるのか?

[Todd Morrison,TechTarget]

 独SAPは、高速な分析技術を中堅・中小企業(SMB)向けに準備中だ。これは、近い将来にERPシステム全体を「SAP HANA」(同社のインメモリ型高速コンピューティングソフトウェア)上で動作させるという大規模な取り組みの一環となるもの。

 SAP Business Oneの製品マーケティングディレクターを務めるジェニファー・シュルツ氏は「データに関して言えば、SMBは依然として構造的な問題を抱えている。データ量が増加しているだけでなく、データの供給源もデータのフォーマットも増える一方だ」と指摘する。「これらの企業では意思決定の手段がまだ確立されていない」

 SAPは最近、ERP製品であるSAP Business Oneを運用しているSMB向けに、スタンドアロン型の簡略版SAP HANAインメモリ分析パッケージを提供すると発表した。この分析アプリケーションにはSAP Crystal Reportsが含まれる。同製品は現在準備中で、年末にリリースされる予定だ。SAPによると、SAP Business One用の分析製品SAP HANAは、同ERPスイートに分析機能を追加するという。新たに提供される機能としては、追加ダッシュボードや非構造型データを処理する機能などが含まれるという。

 ネットワークセキュリティソフトウェアとコンサルティングサービスを手掛ける米Virtual GraffitiではSAP Business Oneを利用しており、同社のヒレル・サックスタイン社長によると、リポーティング機能とダッシュボードをリアルタイムで実行できるようにするというアイデアは評価できるという。

 「これは非常に良い考えだ。リリースされた時点で検討しようと思う」と同氏は話す。

 またSAPは、SAP All-in-Oneを業務で利用している中堅企業などをターゲットとしてSAP HANAの「Edge」エディションをリリースした。HANA Edgeソフトウェアは現在出荷中で、SAPのチャネルパートナーから購入することもできる。

 SAPでは価格を明らかにしていないが、両製品は予算が限られた企業にとって魅力的な価格だとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...