過去記事一覧 (2015 年)

12 月

/tt/news/1512/30/news03.jpg
中堅・中小卸売業/小売業の読者が選んだ、2015年記事ランキング(情報系システム編)

気になる「Google フォト」 2015年、中小の卸・小売業が最も読んだ記事は

Google フォトやOffice 2016など、さまざまな動きがあった情報系システム。中堅・中小の卸売業/小売業の読者は、何に注目したのでしょうか。記事ランキングで振り返ります。

/tt/news/1512/29/news05.jpg
経営・経営企画職/マーケティング職が選んだ、2015年記事ランキング(データ分析編)

「セルフサービスBI」に高い関心 経営層とマーケターが読んだデータ分析記事

TechTargetジャパンの「データ分析」記事ランキングから、ユーザー企業の経営・経営企画職/広報・宣伝・マーケティング職に最もよく読まれた記事を探ります。

/tt/news/1512/24/news05.gif
デジタル時代のERP再考(3)【前編】

あなたの身近にもある、IoT活用の変革事例

2015年9月のSalesforce IoT Cloud発表、IBMとARMのIoT分野での協業などIoT関連の動きが激しい。ところで、IoTはわれわれの生活にどのような価値をもたらすのだろう。

/tt/news/1512/24/news01.jpg
「HANAが必要になることはめったにない」

無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方

大手ソフトウェア会社の中には、顧客に無駄なアップグレードを勧める例があるという。売り手の口車に乗らず、貴重なIT予算を効率的に使うための交渉術を紹介する。

/tt/news/1512/21/news03.jpg
総賃金で平均25%の違い

「データサイエンティスト」はやはりセクシーな職業? 調査で分かった“超高給”

米TechTargetが実施した2015年度の給与調査によると、BIやビッグデータに携わっている従業員は、自身の仕事に対する満足度がかなり高いことが分かった。その秘密に迫る。

/tt/news/1512/20/news01.jpg
夏の低迷の原因も判明

ヤクルトの売り上げを大幅に伸ばしたデータアナリティクスの秘密

ヤクルトのオランダ法人は、データアナリティクスを活用して20%の売上増を実現した。分析の結果、購買者の行動や嗜好も明らかとなり、夏に売り上げが低下した原因も判明した。

/tt/news/1512/15/news05.jpg
より人間らしいAIの実現へ

ディープラーニングは“黒歴史”を乗り越えられるか

ディープラーニング(深層学習)がAIコミュニティーを席巻している。Microsoftのエリック・ホービッツ氏とFacebookのヤン・ルカン氏が、この種の機械学習がなぜ極めてエキサイティングなのかを解説。

/tt/news/1512/11/news08.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

マーケティングの“脱アナログ”化、どう進めればいいのいか?

大きい組織にも小さい組織にもそれぞれ課題はあるが、データを起点にしたデジタルマーケティングへの移行は避けて通れない。脱アナログ化を円滑に進めるための知恵を学ぶ。

/tt/news/1512/10/news05.jpg
カジノゲームの達人が指南

「ブラックジャック」に学ぶ、ビジネスで負けない意思決定とは?

直感とデータドリブン型の意思決定のどちらが優れていのだろうか。ジェフリー・マー氏は、同氏がどのようにデータを活用してブラックジャックと起業家で成功したのか紹介する。

/tt/news/1512/08/news04.gif
データ分析専門家が注目する「Apache Spark」

あなたにしか見えないテレビCMも可能? ビッグデータ分析が変える広告配信

有料テレビ広告の最適化を手掛ける米BlackArrow。同社CTO(最高技術責任者)のジョー・マタレス氏は、ビッグデータ分析技術の「Apache Spark」が同社のITシステムの要だと語る。

/tt/news/1512/01/news08.jpg
適切なツールと適切なチームで勝負

“ユニコーン”なデータサイエンティストは不要、専門家不在でもうまく回る企業とは

データサイエンティストはビッグデータアナリティクスで貴重な役割を果たせるが、あらゆる企業に必要というわけではなさそうだ。データサイエンティストがいなくても技術と企業文化で課題の克服に挑む企業もある。

11 月

/tt/news/1511/30/news05.jpg
セルフサービスBI入門【後編】

データ分析の2大問題、「Power BI」はどのように解決する?

企業のデータはオンプレミスやクラウドのアプリケーション、パブリックデータベースなど幅広い。データが場所にかかわらずデータをつなぎ合わせ、データ分析できる「Power BI」の実力を紹介する。

/tt/news/1511/27/news07.jpg
セルフサービスBI入門【前編】

どこまでできる? データ分析の壁を取り払う「Power BI」の実力とは

ビッグデータの登場により、企業が持つデータの重要性が認識されるようになった。米Microsoftはビジネスデータを可視化するツールとして「Power BI」を発表したが、Excelとはどう違うのか紹介する。

/tt/news/1511/26/news01.jpg
カッサンドラを愛するアポロンと4人の男たち

NoSQLデータベース「Cassandra」を愛した4つの事例

ビッグデータ時代になり注目を集めるNoSQLデータベース。その中の1つ、Apache Cassandraの支持が高まっている。4つの事例を通してCassandraの魅力に迫る。

/tt/news/1511/24/news04.jpg
部門間の協業が鍵

米Netflxも実践、ユーザーの本気を引き出すセルフサービスBI導入の鉄則

ビジネスユーザーをスプレッドシートからダッシュボードに移行させるのは容易でない。だが、部門が協業を深めれば、最終的にはダッシュボードに移行した成果が現れるだろう。

/tt/news/1511/20/news03.jpg
物流業界にも大きな変革が

「コネクテッドカー」の自律運転を可能にする2つのコア技術、仕事をどう変える?

「コネクテッドカー」は、Wi-Fiや自動運転技術を搭載し、インターネットを活用する自動車だ。このコア技術の中でも、特に私たちの生産性を上げ、生活を大きく変えるものは何だろうか。

/tt/news/1511/20/news01.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

脱Excelの大本命 急成長の「セルフサービスBI」が選ばれる理由とは

ビジネス部門が簡単に使えるセルフサービス型のBI/分析ツールに注目が集まっている。Excelでの運用はもはや限界といわれる中で、こうしたツールが選ばれる理由は一体どこにあるのだろうか。

/tt/news/1511/19/news04.gif
デジタル時代のERP再考(2)

インメモリやクラウドが経営を変える ERPの「リアルタイム経営」が生み出す新たな価値

インメモリやクラウドなどの技術の登場により、リアルタイムアナリティクスが可能になりつつある。リアルタイムアナリティクスによって、私たちの仕事や生活はどのように変わるのだろうか。

/tt/news/1511/19/news01.jpg
ソネット・メディア・ネットワークスのデータ分析事例

“宝の山”を有効活用できるのはオンプレミスだった――広告データ分析基盤をAWSから移行したワケ

ソネット・メディア・ネットワークスは、広告配信の効果測定などを行う分析環境をAWSで構築した後、オンプレミス環境へ置き換えた。同社にとって、ログデータの活用は事業の生命線である。この分析環境移行の狙いとは。

/tt/news/1511/16/news09.jpg
【後編】Gartner Symposium/ITxpoリポート

IT部門が使える“IT予算”はたったの3割?

全社のIT予算のうち、IT部門が管理しているのは32%にすぎない。IT部門以外の部門によるIT予算の執行は何を意味するのか? 「コグニティブコンピューティング」などの話題とともにお届けする。

/tt/news/1511/16/news01.jpg
店舗のデータ利用許す/許さないの境界線

「30%の小売業者が顔認識技術で顧客を追跡」に反発する理由、受け入れる理由

調査の結果、小売業者の約30%が顔認識テクノロジーで店内の顧客を追跡していることが分かった。小売業者によるデータ収集は増大傾向にあり、データ収集・利用の在り方を見直す必要が出てきた。

/tt/news/1511/11/news08.jpg
Tableauユーザーが考える最高のダッシュボードのデザイン

「かっこいい」だけのデータ視覚化ツールは必ず失敗する

最新のデータ視覚化ツールには、豊富なダッシュボードのデザインが用意されている。だが米Tableau Softwareの視覚化ツール「Tableau」のユーザーは、デザインの効果的な使い方を理解することこそがダッシュボード導入の鍵だと語る。

/tt/news/1511/09/news02.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

Webサイトを超越したデジタルカスタマーエクスペリエンス

組織は単純なWebサイトを超越したオンラインエクスペリエンスを顧客に提供するという課題に直面している。

/tt/news/1511/06/news06.jpg
ITインフラは無停止が常識に

2020年には“オフライン”が死語になる――IoT時代を予測する

あらゆる電子機器がインターネットにつながるIoTの時代。「データセンターには、発電所と同じぐらいの信頼性が要求されるようになる」と未来学者は予測する。それが現実的な要求となる日は、間もなく到来する。

/tt/news/1511/04/news01.jpg
ビッグデータも世代交代の時期か

MapReduceよりApache Sparkを採用すべき理由、採用できない理由

Apache Sparkの採用が増えている。最大の魅力は、MapReduceよりも圧倒的に高速なことだという。それ以外にも、さまざまな人が多くのメリットを語る。一方、Sparkを採用しないという意見もある。なぜか?

/tt/news/1511/02/news06.jpg
「Revolution R」の機能を解説

米Microsoftも魅了した「R」強化版、「Revolution R」の実力とは?

オープンソースの統計用ソフトウェア「R」を強化した「Revolution R」。その開発元である米Revolution Analyticsを米Microsoftが買収するなど、注目の同製品を解剖する。

/tt/news/1511/02/news04.jpg
Watson登場で変わる仕事の形

いまだに信じられている「人工知能が人の仕事を奪う」の真相

米IBMの「Watson」の登場などにより進む人工知能。果たして労働者に取って代わるものになるのだろうか。それとも仕事をサポートするものになるのだろうか。その真相を探る。

10 月

/tt/news/1510/28/news03.jpg
高速インメモリBIツール「QlikView」をAWSで稼働

顧客単価の向上はこうすべし 「らでぃっしゅぼーや」のBI活用法

安全・安心を旗印に掲げる宅配業者の「らでぃっしゅぼーや」は、利益を大きく左右するBIツールを2013年に刷新した。狙いは、より精緻な分析の実現。では、果たして何が変わったのか。

/tt/news/1510/23/news11.jpg
きっかけは「動くデータセンター」への気付き

米GEが本腰を入れる「インダストリアルインターネット」とは何か

GEのCEOであるジェフリー・イメルト氏は、“インダストリアルインターネットオブシングス”という考えに基づき、会社を刷新するという大きな難題に挑戦している。

/tt/news/1510/22/news04.jpg
21世紀でも成功するための手段とは

新聞ビジネスと生物学は同じ? New York Timesが取り組んだデータ分析とは

インターネットの登場によって、ほとんどの印刷媒体が苦戦する中、New York Timesは、データ分析で有利に進めている。その手法とは一体どのようなものなのだろうか。

/tt/news/1510/16/news07.jpg
失敗の原因と対策を専門家に聞く

中堅・中小企業のビッグデータ活用、成功の鍵はクラウドにあり

ITコンサルタントのデイル・ニーフ氏によると、中堅・中小企業がアナリティクスの恩恵を享受できずにいるのは、ビッグデータを扱うスキルが不足しているからだという。

/tt/news/1510/16/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

うまくいく企業のソーシャルメディア活用は、一体何が違う?

FacebookやTwitter、YouTubeなどさまざまなソーシャルメディアがあるが、むやみに手を出せばいいというものではない。ソーシャルメディア活用を成功に導く重要なポイントを紹介する。

/tt/news/1510/14/news07.jpg
ネットワーク、ストレージ、そしてセキュリティ

「IoTの世界へようこそ」なんて言っていられない現実的な課題とは

モノのインターネット(IoT)はユーザーの仕事を効率化すると期待されているが、管理者たちはユーザーが必要とするリソースに、IoTデバイスがどのように影響するか熟考する必要がある。

/tt/news/1510/14/news03.jpg
共通診察券機能を持つIDカードも

カルテをより身近に、診療情報提供サービス「エースビジョン」の狙いとは

メディカル・データ・ビジョンは2015年6月、医療機関向けサービス「エースビジョン」を販売開始した。患者自身が診療情報の一部を保管・閲覧することを可能にするサービスだ。

/tt/news/1510/06/news04.jpg
データセンターのキャパシティーは大丈夫?

“IoTの落とし穴”に落ちる前に読みたい5つの記事

IoT社会の到来が現実味を帯びつつあるが、セキュリティやストレージ、データ管理などいろいろな問題がある。本稿では、IoTに関する詳細や最新動向、今後の見通しなど参考になりそうな5つの記事を紹介する。

/tt/news/1510/05/news05.gif
データサイエンティストが太鼓判

「R」だけじゃない、使えるオープンソースのデータ可視化ツール

オープンソースのデータ可視化技術が成熟化し、ユーザーは、「現在入手可能なツールは多様な可視化ワークロードに対応できる」と歓迎している。

/tt/news/1510/02/news04.jpg
「Lightning」と「Office 365」が統合

MicrosoftとSalesforceの提携強化、“本当のニュース”から見えること

MicrosoftとSalesforceが提携を強化し、開発プラットフォーム「Lightning」とOffice365が統合される。さらに両社はIoTに向けて、大きな取り組みを考えている。

9 月

/tt/news/1509/24/news06.jpg
「データ駆動型ビジネス」の課題を整理

突っ込みどころ満載の“おかしな分析グラフ”はなぜ生まれるのか

大量のデータをビジネスに生かす「データ駆動型ビジネス」。その推進に当たり、データ分析者の焦りや先入観が思わぬ落とし穴になりかねない。

/tt/news/1509/18/news13.jpg
「誰と研究すべきか?」が分かるシステムも開発

事例:Johnson&Johnsonはデータ分析でどう製品検査コストを削っているのか?

Johnson&Johnsonの研究チームは、ナレッジマネジメントシステムのデータを活用して、製品検査に掛かるコスト削減や、共同研究の支援を試みている。

/tt/news/1509/18/news09.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

ビッグデータはもう“オワコン”? 撲滅すべき8つの迷信を整理する

過大な期待が寄せられたビッグデータはブームが去り、実用的な技術が次々に登場している。だが、まだ多くの人にとってよく実態の分からないものになっている。ビッグデータにまつわる事実と迷信を整理する。

/tt/news/1509/15/news09.jpg
どれを選べばいいか分からない担当者へ

いつか役に立つビッグデータ分析ソフトウェア9選 小さな機能差が大きな違いを生む

どれも同じような特徴や機能を備えていると思われがちなデータ分析ソフトウェア。本稿では9社の主要データ分析ソフトウェアベンダーの製品を比較し、各製品の違いを紹介する。

/tt/news/1509/10/news02.jpg
各種データをMicrosoft Dynamicsで一元管理

Microsoftとの提携はLotus F1チームに勝利をもたらすのか

Microsoftと提携し、SkypeやMicrosoft Dynamicsを活用するLotus F1チーム。データの収集と分析に注力する同チームの努力は実るのか?

/tt/news/1509/07/news07.jpg
シーツばかり勧める「偽のレコメンドエンジン」を実装……

ビッグデータ活用、“しくじり案件”から学ぶ7つの教訓

ビッグデータの活用は、多くの企業にとって大きな課題となっている。成功した企業の事例に習うことは重要だが、失敗した企業からも多くを学べる。ビッグデータ活用の失敗に関する7つの教訓を紹介する。

/tt/news/1509/04/news01.jpg
Microsoftのビッグデータ解析サービス

第2のWatsonとなるか? Cortanaで予測解析に挑むMicrosoft

Microsoftは、Windows 10にも搭載されている音声技術「Cortana」をクラウドベースの解析サービスに組み込むことを計画している。Microsoftのサービスは第2のWatsonとなるのか?

/tt/news/1509/02/news08.jpg
打ち破るべきは“20%の壁”

「分析ツールを入れたらデータドリブン企業になれる」はなぜ間違っているのか

データドリブン志向を強める企業が増える中、ベンダー各社は最新のセルフサービス型ツールでこうした要求に応えようとしている。だがデータドリブン型組織を作ることは文化であり、ツールではない。

8 月

/tt/news/1508/26/news04.jpg
教育ITキーワード解説

ビッグデータを教育に生かす「ラーニングアナリティクス」とは?

データ分析を教育の改善に生かす「ラーニングアナリティクス」に取り組む教育機関が増えつつある。注目の背景と関連技術、課題を明らかにする。

/tt/news/1508/24/news02.jpg
DNSデータの分析で何が見えるのか?

あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見

従来、DNSサーバが生成する膨大なデータは活用されてこなかった。しかし、ビッグデータの手法を応用することで利用の道が開け、ネットワークの状態を知る手掛かりとなる可能性が見えてきた。

/tt/news/1508/21/news04.jpg
“データマネタイゼーション”の可能性

情シス部によるデータの外販が広がる? 会社から圧力が強まる“収益化”

“データマネタイゼーション”は新たなゴールドラッシュを巻き起こすのだろうか。CEOと取締役会はそのように考えており、CIOに一獲千金の期待を寄せている。

/tt/news/1508/20/news04.jpg
導入する前に確認するべき評価ポイント

幸せになれる「RFP」の書き方 ビッグデータ分析ツール編

自社のニーズを満たすビッグデータ分析ツールを見極めるためには、しっかりとした評価ポイントを策定する必要がある。評価するためポイントを紹介する。

/tt/news/1508/14/news10.jpg
バードストライクのリスクを低減

ビジネスユーザー視点でスムーズに離陸 米国際空港が取り組んだ現場のBI利用

変化を受け入れることは難しい。米ダラス・フォートワース国際空港では、ビジネスユーザー向けのツールを導入することで、BIリポートを作成する際の負荷を軽減した。

/tt/news/1508/14/news04.jpg
可能性が広がる人工知能【後編】

人工知能の時代がすぐそこに CIOが解決すべき10の課題

米IBMの「Watson」をはじめ人工知能(AI)技術が発達し、今後次々と生まれる新たな可能性は非常に巨大だ。本格的にAI時代がくる前に備えておくべき10の課題を紹介する。

/tt/news/1508/13/news04.jpg
可能性が広がる人工知能【前編】

挫折を重ねてきた人工知能研究が今注目される“歴史的な理由”とは

米IBMの「Watson」をはじめ人工知能(AI)技術が発達し、今後次々と生まれる新たな可能性は非常に巨大だ。今までのAI時代の歴史を振り返る。

/tt/news/1508/13/news03.jpg
ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(データ分析編)

次のトレンドは「セルフサービスBI」? 2015年上半期、データ分析で最も読まれた記事は

ビジネスユーザーがデータを分析・可視化する「セルフサービスBI」が次のトレンド? 2015年上半期に公開した、データ分析の記事ランキングを紹介します。

/tt/news/1508/06/news06.jpg
5年後には250億個の「モノ」がつながる

5年後に「IoT」で成功するための条件と懸念点

あらゆるデバイスがインターネットに接続され、消費者の好みや行動に関するデータを絶えず送信できるという世界が近づいている。それにより変化するマーケティングとIoTのリスクについて考える。

/tt/news/1508/06/news07.jpg
知りたいのは「特定分野において影響力を持つ人」

ソーシャルメディア分析ツールに期待される「その道のインフルエンサー」を見分ける力

ソーシャルメディアリスニングは標準的な慣行になりつつあるが、Webで交わされる特定の会話の重要性を判断するための指標となる基準はまだ確立の途上にある。

7 月

/tt/news/1507/27/news06.jpg
「iTeachers TV」最新番組紹介

動画:大学が「インダストリー4.0」に注目すべき理由

生産工程をITで革新する「インダストリー4.0」に、企業だけでなく教育機関が注目すべき理由とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。

/tt/news/1507/24/news06.jpg
時間やコストを節約できるデータ保護

変わるバックアップの常識、複数データの一元管理は許されるか?

バックアップ、DR、アーカイブを別々にデータ保護すると、時間とコストが増大する。その問題を解決し、多目的にも活用できる方法を紹介する。

/tt/news/1507/13/news05.jpg
業界の停滞を専門家が懸念

IoT規格争いで「VHS vs. ベータ」の二の舞? 標準化は可能か

多くのIoT業界関係者は、今もなお「モノのインターネット(IoT)」規格の相互運用性を確保しようと働きかけている。だが、IoT市場は断片化したままであるのが実情だ。

/tt/news/1507/10/news05.jpg
カスタマーセンター業務の品質を向上

Excel運用はもう限界 スカパー子会社が「セルフサービスBI」を選んだ理由とは

スカパー・カスタマーリレーションズ(SPCC)では、セルフサービス型BIツール「Qlik Sense」を導入し、カスタマーセンター業務の課題発見や品質向上に役立てている。導入の背景や効果について、同社の運用担当者に聞いた。

/tt/news/1507/06/news06.jpg
活用を阻むさまざまな障壁

医療業界“ビッグデータ失敗事例”で判明した、3つの要因

ビッグデータとデータアナリティクスは、投薬の精密化、公衆衛生、バリューベースのヘルスケアへの道を開いた。だが、この分野のITプロフェッショナルの前には、まだ大きな障壁がある。

/tt/news/1507/03/news06.jpg
「Tableau」でダッシュボード構築

「市長ホットライン」の電話も分析、BI活用するボストン市の取り組みを見る

ボストン市では、市の運営にデータ分析の手法を取り入れ、行政サービスの改善に取り組んでいる。2014年から現職を務めるウォルシュ市長を中心に進むこのプロジェクトでは、どのような成果が生まれているのだろうか。

/tt/news/1507/03/news01.jpg
MapReduce導入から10年強

Cloud Bigtable担当者に聞く、Googleのスケールアウトビッグデータ戦略

2004年にGoogleが導入したMapReduceは、ビッグデータに大きな影響を与えた。そして今、Googleはビッグデータに何をもたらそうとしているのか?Cloud Bigtable担当者にインタビューした。

/tt/news/1507/02/news07.jpg
基本的な仕組みを知る

データサイエンティストに縁遠い人のための「機械学習」入門

機械学習はより洗礼された意思決定において、有益なデータを抽出する最適なツールになり得る。機械学習がどのように情報を予測しているのか、基本的なアルゴリズムや仕組みについて紹介する。

6 月

/tt/news/1506/30/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

オープンデータの予測分析で遺跡の埋蔵地点を推測

考古学データを調査している研究者は、オープンデータムーブメントが今後の英国企業にとって何を意味するかを実証してきた。

/tt/news/1506/29/news02.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

小売大手M&S、データ分析で供給態勢を改善

Marks & Spencerはロジスティクスを改善するためのバックエンドプロジェクトを予測分析の革新へと膨らませ、取締役レベルの意思決定の原動力とした。

/tt/news/1506/26/news03.jpg
「AWS Summit Tokyo 2015」リポート:ゼンリンデータコム

ゼンリンデータコムのビッグデータチームが指南、AWSマネージドHadoopの勘所とは?

ゼンリンデータコムは、位置情報に基づく高度な行動分析にAWSのマネージドHadoopサービスを使っている。その道のりは険しく、自前システムから4世代目で現在の姿にたどり着いた。試行錯誤の末に導き出したAWS活用方針とは。

/tt/news/1506/23/news15.jpg
Dellのデータ責任者がアドバイス

昔ながらの“勘と経験の経営”を“データ主導経営”に変えるとっておきの方法

データ分析を混乱なく浸透させるにはどうすべきだろうか。大手ITベンダーで最高データ責任者(CDO)を務める人物が、データ主導の企業文化を形成するための基本事項について説明する。

/tt/news/1506/12/news06.gif
IoTに必要なOSの条件

新OS「Windows 10 IoT Core」の謎に迫る どのデバイスで動いて何ができる?

昨今、「IoT」(モノのインターネット)が話題になり、注目されている。IoTを開発するときに必要となる条件とは。また、Windows 10への期待とは。

/tt/news/1506/11/news06.jpg
Cortanaがクロスプラットフォームに対応

Windows 10にも搭載、音声アシスタント「Cortana」のiOS対応で「Siri」と悪口合戦?

米Microsoftは「Cortana」のAndroid版とiOS版を提供すると発表した。ビジネスアシスタントは現在、個人利用で人気を博している。ビジネスの世界でも成功することはできるだろうか。

/tt/news/1506/09/news04.jpg
全ての人が自在に使えるわけではない

次のExcelになる――セルフサービスBIの全社導入は可能か

ビジネスインテリジェンス(BI)やビジネス分析の分野において、セルフサービス型のツールが人気を集めている。だが、ビジネスユーザーに受け入れてもらうには、入念な導入計画が必要になる。

/tt/news/1506/09/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

エボラ出血熱対策に活用されるモンテカルロモデル

援助を効果的に配備するために、数学者はデータ分析技術を使ってエボラ出血熱の感染がどう拡大するかを予測している。

/tt/news/1506/08/news06.jpg
CEOナデラ氏が語るクラウドの秘密兵器「Azure SQL」

違うようで実は似ているMicrosoftとAmazonのクラウド戦略、直接対決はより激化へ

米Microsoftは、コンピューティングのさらなる変革に力を注いでいる。その中心となるのは、同社の「SQL Server」と「Azure SQL」である。だが、同社は米Amazonとのクラウドをめぐる厳しい競争に直面している。

/tt/news/1506/02/news01.jpg
適切なリソースを適切な場所に

データアナリティクスによる人員配置最適化が実現した500万ドル削減

米食品メーカーはデータアナリティクスを応用し、適切なリソース(人員)を適切な場所に配置できるようになった。不要になった残業手当の金額は?

5 月

/tt/news/1505/28/news05.jpg
データから読み解く企業の思惑

「データサイエンティストはつらいよ」、注目職種も求人が多くない理由

将来のビジネスシナリオを予測したり、多くのデータから有益な事実を見つけ出す、データサイエンティスト。魅力的な職業だが、企業側からみた実情は違うようだ。

/tt/news/1505/26/news03.jpg
セルフサービス型BIの動向も注目

“やるかやらないか”で二極化するビッグデータ活用 一般企業への浸透が進む

最新の調査結果によると、ビッグデータの活用が一般企業へと拡大しつつある。一方で、ビッグデータの活用を強化する企業と見送る企業で二極化が進んでいる。IDC Japanのアナリストが語った。

/tt/news/1505/20/news12.jpg
データオーナーシップという難問

「そのデータは誰のもの?」――“炎上”を回避するための8つのチェック項目

SNSやモバイル、アナリティクス、クラウドといった近年のトレンドに伴い、データオーナーシップの問題を見直す必要が出てきた。企業の最高情報責任者(CIO)がチェックすべき8つのポイントを紹介する。

/tt/news/1505/20/news07.jpg
有識者に聞く医療ビッグデータの現在と未来(1)

医療ビッグデータの意義が分かる5つの「V」

さまざまな定義が存在するビッグデータ。医療・ライフサイエンスのエキスパートは、医療ビッグデータでは5つの「V」が重要になると語る。医療ビッグデータを支えるインフラ基盤を探る。

/tt/news/1505/16/news02.jpg
有力ベンダー各社の動きは?

急成長の「セルフサービスBI」、大流行には理由がある

米Gartnerが2015年版のBIと分析プラットフォームに関する「Magic Quadrant」リポートを発表した。事業部門が簡単に利用できるセルフサービス型のBI/分析ツールに注目が集まっている。

/tt/news/1505/14/news01.jpg
ビッグデータ市場に勢力再編の動き

ビッグデータ市場に新たな火種「ODPはApache Software Foundationへの侮辱だ」

Hortonworksら13社が立ち上げたHadoop普及団体ODPイニシアチブに、ClouderaのCEOレイリー氏が怒りをあらわにした。レイリー氏の真意とは? ビッグデータ市場で何が起きているのか?

4 月

/tt/news/1504/30/news11.jpg
SQL Server 2012を推す7つの機能を紹介【後編】

「SQL Server 2012」へ移行しても大丈夫? 不安を消し去る注目機能とは

前編に引き続き、サポートが終了した「SQL Server」の移行先として、SQL Server 2012へのアップグレードをお勧めする理由を解説する。後編では残りの4つの機能を詳しく説明する。

/tt/news/1504/28/news09.jpg
SQL Server 2012を推す7つの機能を紹介【前編】

サポート終了の「SQL Server」、移行先の本命は“あの製品”

「Microsoft SQL Server」の各製品がサポート終了を迎える中、その移行先に最新版のSQL Server 2014ではなく、SQL Server 2012を選択するケースがある。SQL Server 2012へのアップグレードをお勧めする理由を解説する。

/tt/news/1504/23/news08.jpg
データに対する疑念を払拭するには

“トップの意見”を優先する経営陣にデータ分析チームができること

データ分析はほんのわずかな誤りから経営陣の信用を失ってしまうこともある。それに対し、企業のデータ分析チームはどのようなアプローチを取るべきなのか。そのポイントを解説する。

/tt/news/1504/21/news05.jpg
将来のためのBIチーム制作

CIOが直面するジレンマ、シャドーIT対策とセルフサービスBIを同時に?

CIOが今後着目すべきは、中央集権型ITと分散型ITの両方をサポートするIT戦略だ。そのIT戦略を実現するための具体的なアプローチを紹介する。

/tt/news/1504/19/news01.jpg
新規参入相次ぐ

次の注目市場「IoT PaaS」とは? ウオッチすべき4社の名前

「モノのインターネット」(IoT)がその潜在能力を発揮するには、クラウドプラットフォームの構成要素が整っていることが条件となる。IoT PaaS市場に最近参入したベンダー4社から、IoTの活性化に役立つ選択肢を探る。

/tt/news/1504/15/news04.jpg
シンプルなテストで戦略を立てる

頑固な“マーケティング神話”を一掃、ラスベガスのホテルが実践した分析技術の威力

米リゾート運営企業MGMは、必要な情報を収集していなかったり、コンテンツを分析していなかったりと、デジタルデータを十分に活用していなかった。BIツール導入でそれがどう変わったかを紹介する。

/tt/news/1504/15/news03.jpg
oricon MEでは100万件超のデータを分析

3社の事例から考えるマーケティング基盤構築、製品選定の理由とは

マーケティング活動を強化する取り組みの一環として、データ分析製品を導入する企業が相次いでいる。本稿では直近で明らかにされた3社の導入事例を紹介する。マーケティング基盤を構築する際の参考にしてほしい。

/tt/news/1504/14/news05.jpg
「可視性」と「ビッグデータ」が注目のキーワード

クラウドの“大穴”を埋める最新のセキュリティ対策技術とは

クラウドに関するセキュリティ領域では、可視性の向上とビッグデータ分析が注目のテーマとなりそうだ。2015年のRSA Conferenceを前に、セキュリティ専門家の意見をまとめた。

/tt/news/1504/14/news08.jpg
事例や課題を整理

コマツやAmazon、Googleも注目 「ドローン」はビジネスにどう生きるのか?

コンシューマーの間で利用が広がりつつある小型無人飛行機「ドローン」。そのビジネス活用を模索する動きが現れつつある。ドローン活用の現状と、その課題を整理する。

/tt/news/1504/13/news03.jpg
ビジネスユーザー向けのツールが拡充

「地図+データ」は言葉の壁を超える、ロケーションインテリジェンス活用法

地理情報の活用はとりわけ新しいものではない。だが、「ロケーションインテリジェンス」(LI)と呼ばれる一般のビジネスユーザー向けの手軽なツールによって、新たな形で地理情報の活用が拡大している。

/tt/news/1504/04/news01.jpg
凡ミスと思ったら実はファインプレー?

スポーツ界にもデータ分析の波、データが裏付ける“奇跡の逆転”とは

スポーツの世界では、データ分析に注目が集まっている。スポーツメディアはこれまでにない新たな“ストーリー”を伝えることができると期待を寄せる。一方、そうした情報に無関心なファンやコメンテーターもいる。

3 月

/tt/news/1503/31/news07.jpg
“2020年に300億台”のIoTデバイス

Apple Watch登場でIoTアプリの“ゴールドラッシュ”を予測する人々

IoTやウェアラブル端末やコネクテッドデバイスの導入が予想を上回る勢いで進む中、IT部門は適切な対応を迫られている。IoT、ウェアラブル端末の将来性と、IT部門が解決すべき課題について解説する。

/tt/news/1503/31/news04.jpg
ビッグデータ活用を支える分散処理基盤

企業向け機能とサポートが充実の「商用Hadoopディストリビューション」6選

Apache Hadoopを利用すれば、ビッグデータを高速に処理可能だ。だがその導入は決して容易ではない。そこで頼りになるのが、企業向けに機能やサポートが強化された商用ディストリビューションである。注目の6種を紹介する。

/tt/news/1503/30/news04.jpg
Searsの元CISOが語る

小売大手が詐欺防止のために取り組む「ビッグデータ+セキュリティ分析」の効果とは

小売大手の米Searsでは、ビッグデータを活用するセキュリティシステムを導入した。小売業を狙った詐欺行為を食い止めるための仕組み、システム導入に必要な経営陣の承認を得る説得方法を紹介する。

/tt/news/1503/26/news09.jpg
用途で選ぶクラウドベンダー

AWSユーザーがうらやむ、Azure、Googleの侮れないクラウドサービスとは

Amazon Web Servicesがクラウド市場をけん引していることは明らかである。だが、MicrosoftとGoogleのサービスにもそれぞれメリットがある。自社に合ったクラウドプロバイダーを選ぶ基準とは。

/tt/news/1503/26/news04.jpg
欧米の最新事例と日本の動向を解説

SiemensやBMWの先進事例に学ぶ、ビッグデータ活用の勘所とは

さまざまな業界でビッグデータの活用が進んでいる。ビッグデータを活用して、ビジネス上の課題解決やビジネス価値の創出、迅速な意思決定を実現しようというのだ。では実際、どのようにして進んでいるのだろうか。

/tt/news/1503/25/news07.jpg
従業員の教育は欠かせない

「医療ビッグデータ分析」を成功させる5つの法則

医療現場で働く従業員にビジネスインテリジェンス(BI)ツールを信頼してもらうためには、BIツールを使う従業員の業績目標を定める必要がある。

/tt/news/1503/25/news03.jpg
ユーザーがSAPに望むこと

SAPユーザーグループ代表「SAPはHANAへ移行させようとしている」

英国のSAPユーザーグループ代表に、SAPに対する本音を聞いた。SAPのライセンス戦略を高く評価する一方でユーザーの立場から冷静に動向を観察している。

/tt/news/1503/12/news10.jpg
重要なのは文化と技術

一度は失敗、ある古着販売業者がたどり着いた「データ駆動型経営」の全て

多くの企業は、データ駆動型の経営を行いたいと口をそろえていう。そこにたどり着くまでの道のりは決して平たんなものではないが、ある小売業者は、包括的なアプローチによってその目的を達成することに成功した。

/tt/news/1503/12/news05.jpg
低価格路線のガストが1000円以上のメニューを提供した理由

驚きの費用対効果1万%を実現した、すかいらーくのデータ活用基盤とは

すかいらーくは、全国展開する「ガスト」でモバイルアプリとクラウドを用いたマーケティングとデータ活用の仕組みを構築した。その導入背景や製品・サービスの選定理由、導入効果について解説する。

/tt/news/1503/09/news05.jpg
単なる分析の専門家では務まらない

「データサイエンティスト」として成功するための条件

データサイエンティストはデータを深く探求できなければならない。データサイエンティストと他の分析の専門家を区別するものは何だろうか。

2 月

/tt/news/1502/27/news08.jpg

“iPadでデータ分析”が作る「強い現場」 その効果を導入事例で検証する

タブレットやビッグデータの浸透により、モバイルBIが身近になりつつある。いつどこからでも情報を入手できれば、現場での意思決定力を向上することができる。導入企業はどのようにデータを活用しているのだろうか。

1 月

/tt/news/1501/30/news05.jpg
教育ITニュースフラッシュ

ラグビー部の試合をデータ分析で“丸裸”に 慶應SFCが新施策

デスクトップ仮想化の性能問題をストレージ刷新で解消した立教大学の事例から、「Adobe Illustrator」が月額1000円以下で利用できる新プランまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。

/tt/news/1501/27/news07.jpg
近い将来の重要課題

「IEEE 802.11ac」導入から始めるIoT時代のネットワーク構築

「モノのインターネット」(IoT)の成功には安全で拡張性の高いネットワークが欠かせない。Wi-Fiには、IoTネットワークを実現するためにIT部門が求める要素が備わっている。

/tt/news/1501/26/news06.jpg
CIOの意識を変える9カ条

2015年、生き残りたい企業ための“ToDoリスト”

2015年、最高情報責任者(CIO)は目標を達成するためどう行動するべきか。本稿では、CIOと企業のIT部門に大きな影響があると思われる9つのヒントを紹介する。

/tt/news/1501/21/news03.jpg
ファッションテクノロジーで“仮想試着室”

「サイズ違いの返品をなくせ」、ファッション通販サイトが活用する新技術とは?

サイズ違いの洋服を通販サイトで買ってしまったユーザーは商品を返品する。ブランドによっては返品率が80%にもなるという。適正なサイズの洋服を買ってもらうために行っている通販サイトの取り組みとは。

/tt/news/1501/19/news07.jpg
カギとなるのはIT担当者の「鑑識眼」

「IoT+ウェアラブル」をカッコイイだけで終わらせないビジネス活用のポイント

IoT(モノのインターネット)デバイスは、企業が実用的なデータを生成することに注力しなければ、単なる目新しい試みで終わる可能性がある。

/tt/news/1501/16/news10.jpg
データ活用企業は増加中

ビッグデータブーム、“オワコン”を超えて生まれる実用技術の今

過大な期待が寄せられたビッグデータのブームが終了し、実用的な技術が次々に登場している。データ分析のトレンドや技術の最新動向を紹介する。

/tt/news/1501/07/news09.jpg
新標準に準拠する3つのポイント

待ったなしの「PCI DSS v3.0」準拠 新標準の変更点と対策を詳細解説

「PCI DSS v3.0」の変更点への準拠期限は、すぐそこまで迫っている。本稿では、この新しい標準の変更点と、その変更点に対応するための準備について説明する。

/tt/news/1501/05/news05.jpg
著名専門家がその役割を説く

データ分析専門家が注目するオープンソース技術の注目株

現在、データ分析の専門家にとってオープンソースのツールは最大の関心事となっている。この分野において、オープンソースはどのような役割を果たすのだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...