2015年03月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

欧米の最新事例と日本の動向を解説SiemensやBMWの先進事例に学ぶ、ビッグデータ活用の勘所とは

さまざまな業界でビッグデータの活用が進んでいる。ビッグデータを活用して、ビジネス上の課題解決やビジネス価値の創出、迅速な意思決定を実現しようというのだ。では実際、どのようにして進んでいるのだろうか。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]
0325_kf_teradata_190.jpg

 金融業、小売業、製造業、通信業など、さまざまな業界でデータの活用が進んでいる。大容量かつ多種多様なビッグデータを活用することで、ビジネス上の課題解決やビジネス価値の創出、迅速な意思決定を実現しようとしているのだ。では、実際に企業はどのようにしてデータの活用に取り組んでいるのだろうか。

 本稿では、「Teradata Universe Tokyo 2015」で来日した米Teradata 共同社長のハーマン・ウィマー氏、日本テラデータ 代表取締役社長の吉川幸彦氏の会見から、欧米と日本の最新事例と動向を紹介する。

欧米で広がる“データドリブン経営”を実現する企業

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。