2015年03月26日 08時00分 公開
特集/連載

SiemensやBMWの先進事例に学ぶ、ビッグデータ活用の勘所とは欧米の最新事例と日本の動向を解説

さまざまな業界でビッグデータの活用が進んでいる。ビッグデータを活用して、ビジネス上の課題解決やビジネス価値の創出、迅速な意思決定を実現しようというのだ。では実際、どのようにして進んでいるのだろうか。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]

 金融業、小売業、製造業、通信業など、さまざまな業界でデータの活用が進んでいる。大容量かつ多種多様なビッグデータを活用することで、ビジネス上の課題解決やビジネス価値の創出、迅速な意思決定を実現しようとしているのだ。では、実際に企業はどのようにしてデータの活用に取り組んでいるのだろうか。

 本稿では、「Teradata Universe Tokyo 2015」で来日した米Teradata 共同社長のハーマン・ウィマー氏、日本テラデータ 代表取締役社長の吉川幸彦氏の会見から、欧米と日本の最新事例と動向を紹介する。

欧米で広がる“データドリブン経営”を実現する企業

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...