2014年10月10日 12時00分 公開
特集/連載

セガの“次のメガヒットゲーム”は現場のデータ分析が生み出す導入担当者に聞いた

ゲーム大手のセガは、BIとデータマイニングの各ツールを相次いで導入し、データ分析の環境構築を積極的に進めている。同社のゲームやサービスを遊ぶ利用者の動態をより詳細に分析できるようになった。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]

 家庭用ゲームソフトや業務用ゲーム(アーケードゲーム)機器、アミューズメント施設の開発、販売、運営を手掛けるセガは、クリックテック・ジャパンのBI(ビジネスインテリジェンス)製品「QlikView」とSAPジャパンのテータマイニング製品「SAP InfiniteInsight」を相次いで導入し、データ分析の環境構築を積極的に進めている。

 本稿では、同社の情報活用の現状から、製品導入の背景、選定理由、導入効果、そして今後の展望に至るまでを解説する。

情報活用の現状:運用開始から数カ月、課題が徐々に明確に

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...