2014年10月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

導入担当者に聞いたセガの“次のメガヒットゲーム”は現場のデータ分析が生み出す

ゲーム大手のセガは、BIとデータマイニングの各ツールを相次いで導入し、データ分析の環境構築を積極的に進めている。同社のゲームやサービスを遊ぶ利用者の動態をより詳細に分析できるようになった。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]

 家庭用ゲームソフトや業務用ゲーム(アーケードゲーム)機器、アミューズメント施設の開発、販売、運営を手掛けるセガは、クリックテック・ジャパンのBI(ビジネスインテリジェンス)製品「QlikView」とSAPジャパンのテータマイニング製品「SAP InfiniteInsight」を相次いで導入し、データ分析の環境構築を積極的に進めている。

 本稿では、同社の情報活用の現状から、製品導入の背景、選定理由、導入効果、そして今後の展望に至るまでを解説する。

情報活用の現状:運用開始から数カ月、課題が徐々に明確に

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...