2015年11月27日 15時00分 公開
特集/連載

どこまでできる? データ分析の壁を取り払う「Power BI」の実力とはセルフサービスBI入門【前編】

ビッグデータの登場により、企業が持つデータの重要性が認識されるようになった。米Microsoftはビジネスデータを可視化するツールとして「Power BI」を発表したが、Excelとはどう違うのか紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
Power BIの公式Webサイト《クリックで拡大》

 あらゆる分野の企業が、意思決定におけるビジネスインテリジェンス(BI)とデータ分析の重要性を認識するようになっている。BIにはデータ分析とそのデータの傾向分析が含まれる。その目標は、実用的な洞察を意思決定者に提供することだ。

 BIは物事の本質や効率性を得られる可能性をもたらす。また、コスト効率や使いやすさ、データサイロによる悪影響の低さなどのメリットをもたらそうと試みることで真価を発揮する。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。