2015年06月09日 15時00分 公開
特集/連載

次のExcelになる――セルフサービスBIの全社導入は可能か全ての人が自在に使えるわけではない

ビジネスインテリジェンス(BI)やビジネス分析の分野において、セルフサービス型のツールが人気を集めている。だが、ビジネスユーザーに受け入れてもらうには、入念な導入計画が必要になる。

[Ed Burns,TechTarget]
GoodDataの分析画面例 出典:GoodData(TechTargetジャパン記事「低価格で導入しやすいSaaS型『クラウドBI』7選」から)《クリックで拡大》

 現在、セルフサービス型のデータ分析ツールが注目を集めている。その主な理由は、こうしたツールがユーザーフレンドリーで比較的簡単に導入できるからである。だが、多くの企業では、BIチームとIT部門はツールを最大限に活用するため、その運用方法とエンドユーザーとの連係方法を再検討せざるを得なくなる。


ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...