スポーツ界にもデータ分析の波、データが裏付ける“奇跡の逆転”とは凡ミスと思ったら実はファインプレー?

スポーツの世界では、データ分析に注目が集まっている。スポーツメディアはこれまでにない新たな“ストーリー”を伝えることができると期待を寄せる。一方、そうした情報に無関心なファンやコメンテーターもいる。

2015年04月04日 09時00分 公開
[Ed BurnsTechTarget]

 2015年の「スーパーボウル(※)」について、全米のコメンテーターとインターネット上のファンは、シアトル・シーホークスのヘッドコーチであるピート・キャロル氏が采配を誤ったと確信している。その采配とは、キャロル氏が、試合の終盤でランプレーではなく、パスプレーを指示したことだ。そのパスはインターセプト(妨害、阻止)され、シアトル・シーホークスは敗者となった。

※スーパーボウル:米国のプロアメリカンフットボールリーグであるNFLの優勝決定戦。毎年2月に開催され、全米で注目を集めるスポーツイベントとなっている

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。