2015年04月04日 09時00分 公開
特集/連載

スポーツ界にもデータ分析の波、データが裏付ける“奇跡の逆転”とは凡ミスと思ったら実はファインプレー?

スポーツの世界では、データ分析に注目が集まっている。スポーツメディアはこれまでにない新たな“ストーリー”を伝えることができると期待を寄せる。一方、そうした情報に無関心なファンやコメンテーターもいる。

[Ed Burns,TechTarget]

 2015年の「スーパーボウル(※)」について、全米のコメンテーターとインターネット上のファンは、シアトル・シーホークスのヘッドコーチであるピート・キャロル氏が采配を誤ったと確信している。その采配とは、キャロル氏が、試合の終盤でランプレーではなく、パスプレーを指示したことだ。そのパスはインターセプト(妨害、阻止)され、シアトル・シーホークスは敗者となった。

※スーパーボウル:米国のプロアメリカンフットボールリーグであるNFLの優勝決定戦。毎年2月に開催され、全米で注目を集めるスポーツイベントとなっている

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...