2013年05月29日 08時00分 公開
特集/連載

モータースポーツ中継を支えるITインフラの底力NASCAR放送映像など18万時間分を保存

米最大のモータースポーツ団体であるNASCARのプロダクト部門は、カーレース映像の保管や専門チャンネルの生中継などで保有データ量が毎年1ペタバイトずつ増加。より拡張性の高いITインフラへの刷新を図った。

[John Hilliard,TechTarget]

 米NASCAR Productionsは最近、過去の放送映像と放送関連データセットなど18万時間分の高解像度ビデオ映像を保存するテープライブラリとして、米Spectra Logicの「Spectra T-Finity」を選定した。

 NASCARは、これまで使ってきたSpectra T950をT-Finityに置き換える。Spectra Logicによると、これらのテープライブラリのTranScale機能を使ってデータ移行を実行済みだという。NASCARのオペレーションおよびテクニカルプロダクション担当副社長、スティーブ・スタム氏は「データ移行は数時間で済み、シャーシの変更で完了した」と語った。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...