モータースポーツ中継を支えるITインフラの底力NASCAR放送映像など18万時間分を保存

米最大のモータースポーツ団体であるNASCARのプロダクト部門は、カーレース映像の保管や専門チャンネルの生中継などで保有データ量が毎年1ペタバイトずつ増加。より拡張性の高いITインフラへの刷新を図った。

2013年05月29日 08時00分 公開
[John Hilliard,TechTarget]

 米NASCAR Productionsは最近、過去の放送映像と放送関連データセットなど18万時間分の高解像度ビデオ映像を保存するテープライブラリとして、米Spectra Logicの「Spectra T-Finity」を選定した。

 NASCARは、これまで使ってきたSpectra T950をT-Finityに置き換える。Spectra Logicによると、これらのテープライブラリのTranScale機能を使ってデータ移行を実行済みだという。NASCARのオペレーションおよびテクニカルプロダクション担当副社長、スティーブ・スタム氏は「データ移行は数時間で済み、シャーシの変更で完了した」と語った。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...