2014年10月09日 15時00分 公開
特集/連載

次の冬季五輪は“完全クラウドファースト”に、変革を迎えるスポーツIT大規模システム構築とデータ量増大に対応

オリンピックを支えるITシステムが、2018年の平昌冬季オリンピックで完全にクラウド化される計画だ。オリンピックを取り巻くIT環境は今、大きな変革の中にあるようだ。

[Karl Flinders,Computer Weekly]

 世界的なスポーツ大会であるオリンピック。それを支えるITシステムは、2018年に韓国の平昌で開催される冬季オリンピックで完全にクラウド化される計画だ。

 また、2016年にリオデジャネイロで開催される夏季オリンピックでは、その基幹システムにクラウドコンピューティングを採用する予定となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...