2014年10月09日 15時00分 公開
特集/連載

次の冬季五輪は“完全クラウドファースト”に、変革を迎えるスポーツIT大規模システム構築とデータ量増大に対応

オリンピックを支えるITシステムが、2018年の平昌冬季オリンピックで完全にクラウド化される計画だ。オリンピックを取り巻くIT環境は今、大きな変革の中にあるようだ。

[Karl Flinders,Computer Weekly]

 世界的なスポーツ大会であるオリンピック。それを支えるITシステムは、2018年に韓国の平昌で開催される冬季オリンピックで完全にクラウド化される計画だ。

 また、2016年にリオデジャネイロで開催される夏季オリンピックでは、その基幹システムにクラウドコンピューティングを採用する予定となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...