2014年09月05日 12時00分 公開
特集/連載

やむにやまれず使っています――「勝手クラウド」に頼りたくなる現場の言い分元凶はやはり「トップの判断」?

経営幹部は“勝手クラウド”“シャドーIT”の責任の一部を負うべきだ。なぜなら利益につながるITシステムに注力することをIT部門に推奨し、他の事業部門の勝手クラウド、シャドーITを黙認しているからだ。

[Linda Tucci,TechTarget]

 米GartnerでGRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)分野をリードするアナリストのフレンチ・カルドウェル氏によると、SaaSガバナンスには経営幹部レベルの後押しが必要だという。ただし、トップダウンのポリシーを施行している企業ではまた、話が違ってくる。

事業部門には選択の余地なし

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...