2014年08月04日 15時00分 公開
特集/連載

“情報弱者”上司にセキュリティの重要性を説明するスマートな方法できれば不快にさせずに

企業における情報セキュリティの重要性がさまざまな場面で強調されている。しかし、セキュリティへの取り組みを決めるはずの経営者や幹部が投資に対して首を縦に振らない――担当者どうすればいいのか?

[Joseph Granneman,TechTarget]

 米セキュリティベンダーのTripwireが実施した最新の調査では、さまざまな興味深いデータが結果として出ている。その中で特に印象に残ったものを紹介したい。それは「61%の回答者が、専門知識を持たない企業幹部に専門性の高い重要なセキュリティ情報を伝えることができなかった」と回答していることだ。このような問題を抱えるセキュリティチームは、専門知識を持たない企業幹部にも自分たちの発言の重要性を理解してもらえるように説明する必要がある。情報セキュリティの概念はどのように説明すればよいだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...