2014年08月04日 15時00分 公開
特集/連載

“情報弱者”上司にセキュリティの重要性を説明するスマートな方法できれば不快にさせずに

企業における情報セキュリティの重要性がさまざまな場面で強調されている。しかし、セキュリティへの取り組みを決めるはずの経営者や幹部が投資に対して首を縦に振らない――担当者どうすればいいのか?

[Joseph Granneman,TechTarget]

 米セキュリティベンダーのTripwireが実施した最新の調査では、さまざまな興味深いデータが結果として出ている。その中で特に印象に残ったものを紹介したい。それは「61%の回答者が、専門知識を持たない企業幹部に専門性の高い重要なセキュリティ情報を伝えることができなかった」と回答していることだ。このような問題を抱えるセキュリティチームは、専門知識を持たない企業幹部にも自分たちの発言の重要性を理解してもらえるように説明する必要がある。情報セキュリティの概念はどのように説明すればよいだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...