2014年08月04日 15時00分 公開
特集/連載

“情報弱者”上司にセキュリティの重要性を説明するスマートな方法できれば不快にさせずに

企業における情報セキュリティの重要性がさまざまな場面で強調されている。しかし、セキュリティへの取り組みを決めるはずの経営者や幹部が投資に対して首を縦に振らない――担当者どうすればいいのか?

[Joseph Granneman,TechTarget]

 米セキュリティベンダーのTripwireが実施した最新の調査では、さまざまな興味深いデータが結果として出ている。その中で特に印象に残ったものを紹介したい。それは「61%の回答者が、専門知識を持たない企業幹部に専門性の高い重要なセキュリティ情報を伝えることができなかった」と回答していることだ。このような問題を抱えるセキュリティチームは、専門知識を持たない企業幹部にも自分たちの発言の重要性を理解してもらえるように説明する必要がある。情報セキュリティの概念はどのように説明すればよいだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...