2014年08月22日 12時00分 公開
特集/連載

識者が警告する「今そこにある社内ネットワークの危機」新人担当者もベテランも知っておくべきこと

モバイルやクラウドサービスのビジネス利用が当たり前になってきた時代、ネットワーク担当者が押さえておくべき技術動向と製品について、ガートナー ジャパンのアナリストに聞いた。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 テクノロジーの進化はビジネス環境の変化と密接に関係する。それだけに、IT部門の担当者は日々めまぐるしく変わるトレンドを追いかけるのに少なからぬ努力を強いられることになるが、とりわけ変化が激しく、厄介なのがネットワークの領域だ。IT部門に配属されてこの分野を担うことになった新人担当者にしてみれば、何から手をつければいいのか分からないというのが正直なところだろう。

 ベテラン担当者にしても、案外事情は似たり寄ったりかもしれない。企業のネットワーク担当者の仕事が、会社の敷地内にある固定されたデバイスをつないで、それぞれにIPアドレスを付与することで完結していたのは、もはや過去の話でしかない。ガートナー ジャパンでネットワーキングとコミュニケーションを専門とするアナリストの池田武史氏は「今までの延長で、歴史に従って何かを学ぶというだけでは済まなくなっている」と語る。

ネットワークを見る3つの視点

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...