2015年05月28日 08時00分 公開
特集/連載

「データサイエンティストはつらいよ」、注目職種も求人が多くない理由データから読み解く企業の思惑

将来のビジネスシナリオを予測したり、多くのデータから有益な事実を見つけ出す、データサイエンティスト。魅力的な職業だが、企業側からみた実情は違うようだ。

[Ed Burns,TechTarget]
セルフサービス型BIの利用意向 出典:IDC Japan(TechTargetジャパン記事「“やるかやらないか”で二極化するビッグデータ活用 一般企業への浸透が進む」から)《クリックで拡大》

 データサイエンティストは「21世紀で最も魅力的な職業」と呼ばれている。データサイエンティストは、将来のビジネスシナリオを予測したり、延々と数字が並んでいる未加工のデータから有益な事実を見つけたりすることができる。このように、魔法のような偉業を成し遂げられることを考えれば、データサイエンティストがこのように呼ばれているのは驚くべきことではないだろう。だが、大きく取り沙汰されているにもかかわらず、企業側ではデータサイエンティストに対して特別高い需要があるわけではない。

 最近では、魅力の面でデータサイエンティストよりもデータエンジニアに多くの需要が集中しているのが実情だ。データエンジニアの職務は、データ分析ツールを選定し、実装して、データベースチームと協力してデータを分析できる状態にすることである。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...