2015年04月28日 15時00分 公開
特集/連載

サポート終了の「SQL Server」、移行先の本命は“あの製品”SQL Server 2012を推す7つの機能を紹介【前編】

「Microsoft SQL Server」の各製品がサポート終了を迎える中、その移行先に最新版のSQL Server 2014ではなく、SQL Server 2012を選択するケースがある。SQL Server 2012へのアップグレードをお勧めする理由を解説する。

[Basit Farooq,TechTarget]
SQL Server 2012の分析画面《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Microsoft SQL Server 2000」は、メインストリームサポートおよび延長サポートが既に終了している。「Microsoft SQL Server 2005/2008/2008 R2」についても、メインストリームサポートが終了し、延長サポートも順次終了の予定となっている。Microsoftは、延長サポートの契約やサポート終了後の継続利用を選ぶのではなく、現行版のSQL Serverへとアップグレードすることを推奨している。現行版にアップグレードすれば、サポートライフサイクルポリシーに基づいて、今後も同社からサポートを受けることができる。現在のアップグレードオプションは「Microsoft SQL Server 2012」と「Microsoft SQL Server 2014」である。

 最新版のSQL Server 2014では、複数の新機能が導入されている。だが、多くの企業では、まずはSQL Server 2012にアップグレードすることを選択している。SQL Server 2012は広く使われており、SQL Server 2005以降にリリースされた中で安定性の高いバージョンの1つとなっている。本稿では、SQL Server 2012へのアップグレードをお勧めする7つの機能を紹介する。

1.包含データベース

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...