2015年08月14日 15時00分 公開
特集/連載

ビジネスユーザー視点でスムーズに離陸 米国際空港が取り組んだ現場のBI利用バードストライクのリスクを低減

変化を受け入れることは難しい。米ダラス・フォートワース国際空港では、ビジネスユーザー向けのツールを導入することで、BIリポートを作成する際の負荷を軽減した。

[Ed Burns,TechTarget]
米ダラス・フォートワース国際空港の公式サイト《クリックで拡大》

 米ダラス・フォートワース国際空港でビジネスインテリジェンス(BI)担当マネジャーを務めるドウェイン・ワシントン氏にとって、新たなBIリポートを開発することは、家を建てるものだった。顧客から要件を聞き取ったら、そのインプットを基に成果を生み出すのである。

 ワシントン氏は最近、同氏のBIチームが顧客の要求をあまりにも尊重し過ぎているように感じているという。調査会社の米TDWIが開催した「The Analytics Experience」カンファレンスの講演で、同氏はこうした状況について、まっさらの図面を土地の所有者に渡して、書き上がった設計図通りに家を建てるようなものだと指摘した。そこには、顧客が浴室の設計を忘れてしまうといったリスクがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...