ビジネスユーザー視点でスムーズに離陸 米国際空港が取り組んだ現場のBI利用バードストライクのリスクを低減

変化を受け入れることは難しい。米ダラス・フォートワース国際空港では、ビジネスユーザー向けのツールを導入することで、BIリポートを作成する際の負荷を軽減した。

2015年08月14日 15時00分 公開
[Ed BurnsTechTarget]
米ダラス・フォートワース国際空港の公式サイト《クリックで拡大》

 米ダラス・フォートワース国際空港でビジネスインテリジェンス(BI)担当マネジャーを務めるドウェイン・ワシントン氏にとって、新たなBIリポートを開発することは、家を建てるものだった。顧客から要件を聞き取ったら、そのインプットを基に成果を生み出すのである。

 ワシントン氏は最近、同氏のBIチームが顧客の要求をあまりにも尊重し過ぎているように感じているという。調査会社の米TDWIが開催した「The Analytics Experience」カンファレンスの講演で、同氏はこうした状況について、まっさらの図面を土地の所有者に渡して、書き上がった設計図通りに家を建てるようなものだと指摘した。そこには、顧客が浴室の設計を忘れてしまうといったリスクがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。