中堅・中小企業のビッグデータ活用、成功の鍵はクラウドにあり失敗の原因と対策を専門家に聞く

ITコンサルタントのデイル・ニーフ氏によると、中堅・中小企業がアナリティクスの恩恵を享受できずにいるのは、ビッグデータを扱うスキルが不足しているからだという。

2015年10月16日 15時00分 公開
[Ed BurnsTechTarget]

 ビッグデータアナリティクスはビジネスの手法を根本的に変える可能性があるが、今のところ、主要な受益者は大企業に限られている。中堅・中小企業がそうした恩恵をまだ享受できないでいるのはなぜか、そしてこの問題にどう対処すべきか、ITコンサルタントのデイル・ニーフ氏に話を聞いた。同氏は『Digital Exhaust』の著者であり、講演活動も行っている。

――ビッグデータが大きな話題になった背景には何があるのでしょうか?

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...