大企業だけのもの? 中堅・中小企業も無関係ではない「IT活用の新領域」とは中堅・中小企業を先手必勝へと導く「一歩進んだIT活用」を学ぶ【第4回】(1/2 ページ)

ソーシャルやビッグデータ、IoT/M2Mをはじめとした「IT活用の新領域」が注目を集めている。IT活用の新たなモデルであるこれらの領域は、中堅・中小企業にとってどのような意味を持つのだろうか。

2015年09月02日 08時00分 公開
[岩上由高ノークリサーチ]

関連キーワード

IT投資 | 経営 | SMB


ノークリサーチの公式サイト《クリックで拡大》

 「IT活用」というと、会計や販売、人事、給与などの基幹系システムや、グループウェアやメールなどの情報系システムを利用するシーンを思い浮かべる場合が多いだろう。もちろん、これらの業務システムは中堅・中小企業にとって今後も重要なビジネス基盤であり続けることは言うまでもない。だが昨今では、従来の業務システムとは少し異なる新たな動きも見え始めている。「ソーシャル」「ビッグデータ」「IoT/M2M」などに代表される「IT活用の新領域」とも呼ぶべき動きだ。今回は、それが中堅・中小企業にとってどのような意味を持つのかについて探っていく。

「ビッグデータ」「IoT/M2M」は「ソーシャル」よりも関心が高い

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...