“iPadでデータ分析”が作る「強い現場」 その効果を導入事例で検証する

タブレットやビッグデータの浸透により、モバイルBIが身近になりつつある。いつどこからでも情報を入手できれば、現場での意思決定力を向上することができる。導入企業はどのようにデータを活用しているのだろうか。

2015年02月27日 13時00分 公開
[TechTargetジャパン]
クリックでダウンロードページヘ

 タブレットの普及により、必要なときに必要な情報を確認することが容易になった。また、近年広まったビッグデータの技術によって、より迅速かつ正確な分析・判断を行うことが可能になった。

 タブレットとビッグデータのトレンドを組み合わせて、いつでもどこでも的確な意思決定を支援する「モバイルBI」が身近になりつつある。その仕組みを取り入れることで、社内外を問わず、現場での意思決定力を向上することができる。

 では、導入企業はどのようにしてデータ活用に取り組んでいるのだろうか。本稿では、モバイルBIの基本的な考え方と先進事例を紹介し、その効果を検証する。

「iPad mini 3 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、企業のIT担当者なら知っておきたいIT技術の入門記事を集約したテーマサイト「『知ってるつもり』では恥ずかしい 基礎から学ぶ、新入社員に教えたい『IT新常識』」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleの7.9インチタブレット「iPad mini 3 Wi-Fi 16GB」(色はシルバー)を抽選でプレゼントします。


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...