2014年03月20日 08時00分 公開
特集/連載

iPhoneから始まったモバイルワーク革命を生き抜くための、8つのヒントビジネスへの影響を分析

iPhone登場から大きく変わり始めたモバイルワーク。従業員の働き方をはじめ、ビジネス自体に変化を及ぼしているモバイル革命を理解するための、8つのヒントをお伝えする。

[Harvey Koeppel,TechTarget]

 米Appleが「iPhone」を市場に投入したのは約7年前のことだ。当時、iPhoneの誕生が最終的に消費者とビジネスにどのような影響を与えるか誰が予想できただろうか(参考:5年前にiPhoneの失敗を予想した4人)。だが、スティーブ・ジョブズ氏は、この影響を示唆していた。同氏はiPhoneが初めて公開された2007年6月29日に大胆にも次のように宣言している。

 「iPod、電話、ネット通信機器。これらは独立した3つの機器ではなく、1つのデバイスです。名前はiPhone。本日Appleは電話を再発明する。これがiPhoneです」

 本稿の目的は、Appleや同社のテクノロジーの価値を褒めたたえることではない。これらを賞さんするかどうかは、テクノロジーに関する宗教的な信仰によって異なるだろう。しかし、ノートPC、タブレットおよびスマートフォンの登場は仕事のやり方と遊び方に転機をもたらしたといえる。これらのテクノロジーは、「モバイルワークフォース」と一般的に呼ばれる今日の現象をもたらした。その真偽を検証してみたい。

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。