2015年11月19日 08時00分 公開
特集/連載

インメモリやクラウドが経営を変える ERPの「リアルタイム経営」が生み出す新たな価値デジタル時代のERP再考(2)(1/2 ページ)

インメモリやクラウドなどの技術の登場により、リアルタイムアナリティクスが可能になりつつある。リアルタイムアナリティクスによって、私たちの仕事や生活はどのように変わるのだろうか。

[家田恵,アクセンチュア]
これからはリアルタイムにデータを分析し、経営に生かすことが重要になる

 「リアルタイム経営」が重要だといわれるようになって久しい。ビジネスに関わるあらゆるレイヤー、あらゆる役割の人が必要な情報を瞬時に入手することができ、それに基づいて最適な判断がその場でできるようにすること。さらに判断からアクションまでのスピードをリアルタイムに近づけることが、目まぐるしく変化する市場で生き残るために必要とされている。このリアルタイム経営の実現を可能にするものの1つに、「リアルタイムアナリティクス」がある。

 時々刻々と生み出されるデータを捉え、分析し、原因の追究が必要なら原始データにさかのぼり、現在の傾向から次に起こることを予測する。そのようなリアルタイムアナリティクスを実現するための技術やさまざまなアプリケーションが既に世の中に出ているが、活用は進んでいるのだろうか。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...