2015年10月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デジタル時代のERP再考(1)情報技術の“ルネサンス期”、ERPの在り方とは? (1/3)

ソーシャルやモバイル、アナリティクスをはじめとする新技術がビジネスのデジタル化を加速。企業の基幹業務をサポートする情報システムも大きな変化を遂げようとしている。これからのERPシステムの在り方を考察する。

[米澤創一,アクセンチュア]

関連キーワード

クラウドERP | SAP ERP


ik_tt_erp01.jpg 代表的なERPベンダーである独SAPが2015年5月に開催したイベント「SAPPHIRE NOW Orlando 2015」の模様《クリックで拡大》

 縁あって、「デジタル時代のERP再考」をテーマに連載を始めることになった。バズワードを並べ立てて何となく分かったような気にさせるような内容にはしたくない。グローバルでも日本でも、独SAPの主要パートナーであるアクセンチュアが連載を引き受けた以上、何か本質的なメッセージをお伝えしなければならない。そんな重圧を感じつつ、筆を取った。

 まず、「デジタル時代」とは何かを考えてみなければいけない。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...