2015年10月14日 08時00分 公開
特集/連載

情報技術の“ルネサンス期”、ERPの在り方とは?デジタル時代のERP再考(1)(1/3 ページ)

ソーシャルやモバイル、アナリティクスをはじめとする新技術がビジネスのデジタル化を加速。企業の基幹業務をサポートする情報システムも大きな変化を遂げようとしている。これからのERPシステムの在り方を考察する。

[米澤創一,アクセンチュア]

関連キーワード

クラウドERP | SAP ERP


代表的なERPベンダーである独SAPが2015年5月に開催したイベント「SAPPHIRE NOW Orlando 2015」の模様《クリックで拡大》

 縁あって、「デジタル時代のERP再考」をテーマに連載を始めることになった。バズワードを並べ立てて何となく分かったような気にさせるような内容にはしたくない。グローバルでも日本でも、独SAPの主要パートナーであるアクセンチュアが連載を引き受けた以上、何か本質的なメッセージをお伝えしなければならない。そんな重圧を感じつつ、筆を取った。

 まず、「デジタル時代」とは何かを考えてみなければいけない。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...