2015年01月07日 15時00分 UPDATE
特集/連載

新標準に準拠する3つのポイント待ったなしの「PCI DSS v3.0」準拠 新標準の変更点と対策を詳細解説

「PCI DSS v3.0」の変更点への準拠期限は、すぐそこまで迫っている。本稿では、この新しい標準の変更点と、その変更点に対応するための準備について説明する。

[Mike Chapple,TechTarget]
150107_kf_pcidss_190.jpg

 ペイメントカードの国際セキュリティ基準「PCI DSS v3.0」に準拠するよう決済処理システムをアップグレードしていない企業には、期限が刻一刻と迫っている。PCI DSS v3.0は2014年1月1日に発効されている。2014年末までは、この最新版に準拠しなくてもよいことが認められていた。だが、2015年からは全加盟店がPCI DSS v3.0に準拠することが義務付けられている。果たしてどれだけの企業がこの変更に適応する準備ができているだろうか。

 本稿では、PCI DSS v3.0に関する3つの変更点を確認し、企業が新標準に準拠するために必要な手順を説明する。

サービスプロバイダーの管理

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...