2011年03月24日 09時00分 公開
特集/連載

一般企業向けにも現実的になったPCI DSS国内外のPCI DSS最新動向【第1回】

クレジットカード情報の取り扱いに関するセキュリティ基準「PCI DSS」。本稿ではPCI DSSの最新動向としてVer.2.0での変更点などを紹介する。

[山崎文明,ネットワンシステムズ]

PCI DSSとは

 PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)は、クレジットカード情報の取り扱いに関する情報セキュリティ基準である。カード会員情報の漏えい防止を目的に、5大国際カードブランド(Visa、MasterCard Worldwide、American Express、Discover Financial Services、JCB International)が2004年12月に共同作成した。詳しくは、2009年の連載「システム導入担当者のためのPCI DSS」を参考にしてほしい。

 本連載では、全3回にわたりPCI DSSの最新動向や国内外でのPCI DSS普及状況、事例などを取り上げる。第1回はここ数年での最大トピックとして、2010年10月に発表されたPCI DSSの最新バージョン「PCI DSS Version 2.0」(以下、PCI DSS 2.0)を紹介する。

PCI DSS 2.0

 PCI DSSに関する2009年以降の最大トピックスは、PCI DSS Ver.1.2からVer.2.0(※)へのバージョンアップである。メジャーバージョン番号が1から2になるということは、要求事項に大きな変更が加えられたことを想像させるが、今回のバージョンアップでは個々の要求事項に大きな変更は見られなかった。

(※)Ver.2.0は、PCI DSSの発行元であるPCI SSCのWebサイトで日本語訳をダウンロードできる。

関連ホワイトペーパー

PCI DSS | 情報漏洩 | 内部統制 | プライバシー | 個人情報保護


ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...