一般企業向けにも現実的になったPCI DSS国内外のPCI DSS最新動向【第1回】

クレジットカード情報の取り扱いに関するセキュリティ基準「PCI DSS」。本稿ではPCI DSSの最新動向としてVer.2.0での変更点などを紹介する。

2011年03月24日 09時00分 公開
[山崎文明,ネットワンシステムズ]

PCI DSSとは

 PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)は、クレジットカード情報の取り扱いに関する情報セキュリティ基準である。カード会員情報の漏えい防止を目的に、5大国際カードブランド(Visa、MasterCard Worldwide、American Express、Discover Financial Services、JCB International)が2004年12月に共同作成した。詳しくは、2009年の連載「システム導入担当者のためのPCI DSS」を参考にしてほしい。

 本連載では、全3回にわたりPCI DSSの最新動向や国内外でのPCI DSS普及状況、事例などを取り上げる。第1回はここ数年での最大トピックとして、2010年10月に発表されたPCI DSSの最新バージョン「PCI DSS Version 2.0」(以下、PCI DSS 2.0)を紹介する。

PCI DSS 2.0

 PCI DSSに関する2009年以降の最大トピックスは、PCI DSS Ver.1.2からVer.2.0(※)へのバージョンアップである。メジャーバージョン番号が1から2になるということは、要求事項に大きな変更が加えられたことを想像させるが、今回のバージョンアップでは個々の要求事項に大きな変更は見られなかった。

(※)Ver.2.0は、PCI DSSの発行元であるPCI SSCのWebサイトで日本語訳をダウンロードできる。

関連ホワイトペーパー

PCI DSS | 情報漏洩 | 内部統制 | プライバシー | 個人情報保護


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...