2015年09月15日 15時00分 公開
特集/連載

いつか役に立つビッグデータ分析ソフトウェア9選 小さな機能差が大きな違いを生むどれを選べばいいか分からない担当者へ(1/3 ページ)

どれも同じような特徴や機能を備えていると思われがちなデータ分析ソフトウェア。本稿では9社の主要データ分析ソフトウェアベンダーの製品を比較し、各製品の違いを紹介する。

[David Loshin,TechTarget]
ビッグデータ活用の目的と期待 出典:IDC Japan(参照:“やるかやらないか”で二極化するビッグデータ活用 一般企業への浸透が進む)《クリックで拡大》

 多くのベンダーが「ビッグデータ分析ソフトウェア」に分類される製品を販売している。これらの製品は同じような特徴や機能を備えているため、機能だけで他の製品と差別化を図るのは困難だ。また、一部のツールには、ほとんど差が見られない。とは言うものの、主な差別化要因は、

  • 使いやすさ
  • 企業の能力に対するアルゴリズムの精巧さ
  • 価格
  • 分析の成熟度のバランス

になるだろう。

 本稿では、9社の主要データ分析ソフトウェアベンダーの製品を検証する。そのベンダーは下記だ。

  • 米Alteryx
  • 米IBM
  • スイスKNIME.com
  • 米Microsoft
  • 米Oracle
  • 米RapidMiner
  • 独SAP
  • 米SAS Institute(SAS)
  • 米Teradata

 中には複数のツールを提供しているベンダーもある。これらのベンダーは、ビッグデータ分析市場のさまざまな様相を呈している。これらの製品がユーザーのビジネスニーズを満たすためにどのように調整されているかを比較する。

適切なビッグデータ分析ソフトウェアを選択するための考慮事項

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...