2015年09月04日 08時00分 公開
特集/連載

第2のWatsonとなるか? Cortanaで予測解析に挑むMicrosoftMicrosoftのビッグデータ解析サービス

Microsoftは、Windows 10にも搭載されている音声技術「Cortana」をクラウドベースの解析サービスに組み込むことを計画している。Microsoftのサービスは第2のWatsonとなるのか?

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 米Microsoftのデジタルパーソナルアシスタントツール「Cortana」は、ビジネス向け予測解析分野にも乗り出そうとしている。

 同社のスマートフォン「Windows Phone」の音声技術として産声を上げたCortanaは、テキスト分析エンジンと機械学習能力を備えている。そしてMicrosoftは、米IBMの「Watson」のように、ビッグデータを活用するクラウドベースの分析サービスにこのCortanaを組み込むことを計画している。

Computer Weekly日本語版 9月2日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 9月2日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 同社でクラウドおよびエンタープライズ分野のコーポレートバイスプレジデントを務める沼本健氏は、米フロリダ州オーランドで開催された「Microsoft Worldwide Partner Conference 2015」についてのブログに次のように投稿している。「今やデータは、重要な戦略的ビジネス資産になっている」

 「デバイス、顧客、活動など世界中のあらゆる事象が、新しいエクスペリエンス、新しい能力、新しいビジネスモデル、さらには新しい発明へと導く、極めて豊富なデータを生み出している。このデータを活用できるか否かが、企業の命運を分ける」

 同社は、企業のデータ資産活用をサポートするため、2015年内にリリースされる「Cortana Analytics Suite」サービスでビッグデータと分析機能の統合を計画している。

 沼本氏は次のように語る。「当社は、Cortana Analytics Suiteで高度な分析を行うためのテクノロジーとインフラ(機械学習、ビッグデータストレージ、クラウドでの処理など)や知覚インテリジェンス(視覚、顔、音声認識など)の研究と革新に、何年もかけて取り組んでいる。目的は、企業がビジネスを加速するために的確で素早い判断ができるようにすることだ」

アーリーアダプターアプリケーション

 沼本氏によれば、Cortana Analytics Suiteはリアルタイムの製品推奨、顧客離れ予測、不正の発見、予知保全などを行うアプリケーションに役立つという。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。