2015年05月20日 15時00分 UPDATE
特集/連載

データオーナーシップという難問「そのデータは誰のもの?」――“炎上”を回避するための8つのチェック項目

SNSやモバイル、アナリティクス、クラウドといった近年のトレンドに伴い、データオーナーシップの問題を見直す必要が出てきた。企業の最高情報責任者(CIO)がチェックすべき8つのポイントを紹介する。

[TechTarget]

 先ごろ米TechTargetに掲載されたコラムの中で、執筆者のハービー・ケッペル氏は、データオーナーシップに伴う倫理的、文化的および法的な問題点を整理した。

 SNS、モバイル、アナリティクスおよびクラウドコンピューティング用のツール(いわゆる「SMAC技術」)によって可能となったほぼ瞬時のデータ拡散と深いレベルでのデータマイニング(抽出)は、ほんの5年前にはほとんどの企業が予想もしなかったような状況を生み出した。

8つのチェックポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...