2015年05月20日 15時00分 UPDATE
特集/連載

データオーナーシップという難問「そのデータは誰のもの?」――“炎上”を回避するための8つのチェック項目

SNSやモバイル、アナリティクス、クラウドといった近年のトレンドに伴い、データオーナーシップの問題を見直す必要が出てきた。企業の最高情報責任者(CIO)がチェックすべき8つのポイントを紹介する。

[TechTarget]

 先ごろ米TechTargetに掲載されたコラムの中で、執筆者のハービー・ケッペル氏は、データオーナーシップに伴う倫理的、文化的および法的な問題点を整理した。

 SNS、モバイル、アナリティクスおよびクラウドコンピューティング用のツール(いわゆる「SMAC技術」)によって可能となったほぼ瞬時のデータ拡散と深いレベルでのデータマイニング(抽出)は、ほんの5年前にはほとんどの企業が予想もしなかったような状況を生み出した。

8つのチェックポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「Indeed」「ZOOM」がワンツーフィニッシュ 米国ビジネスアプリダウンロードTOP5(2019年10月度)
世界のモバイルアプリの潮流を分析。今回はiOSとAndroidにおける米国ビジネスアプリダウ...

news073.jpg

モバイルアプリの成長を後押しするテレビCMには2つのタイプがあると判明――フラーとエム・データ調べ
フラーはエム・データと共同で、モバイルアプリに関するテレビCMの放映回数・時間とアプ...

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...