2015年04月23日 15時00分 UPDATE
特集/連載

データに対する疑念を払拭するには“トップの意見”を優先する経営陣にデータ分析チームができること

データ分析はほんのわずかな誤りから経営陣の信用を失ってしまうこともある。それに対し、企業のデータ分析チームはどのようなアプローチを取るべきなのか。そのポイントを解説する。

[Ed Burns,TechTarget]
0422_kf_datascientist_190.jpg 「MIT Sloan Sports Analytics Conference」のWebサイト《クリックで拡大》

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の元選手で現在はバスケットボール解説者をしているチャールズ・バークレー氏は、アナリティクス(データ分析)に関する自らの見解を明らかにした。NBAチームのヒューストン・ロケッツでゼネラルマネジャーを務めるダリル・モリー氏は、データに基づいて選手の状況を判断することが多いと主張する人物だが、バークレー氏は「データ分析を盲信する人の1人だ」と同氏を評した。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...