“トップの意見”を優先する経営陣にデータ分析チームができることデータに対する疑念を払拭するには

データ分析はほんのわずかな誤りから経営陣の信用を失ってしまうこともある。それに対し、企業のデータ分析チームはどのようなアプローチを取るべきなのか。そのポイントを解説する。

2015年04月23日 15時00分 公開
[Ed BurnsTechTarget]
「MIT Sloan Sports Analytics Conference」のWebサイト《クリックで拡大》

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の元選手で現在はバスケットボール解説者をしているチャールズ・バークレー氏は、アナリティクス(データ分析)に関する自らの見解を明らかにした。NBAチームのヒューストン・ロケッツでゼネラルマネジャーを務めるダリル・モリー氏は、データに基づいて選手の状況を判断することが多いと主張する人物だが、バークレー氏は「データ分析を盲信する人の1人だ」と同氏を評した。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...