2015年10月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

共通診察券機能を持つIDカードもカルテをより身近に、診療情報提供サービス「エースビジョン」の狙いとは

メディカル・データ・ビジョンは2015年6月、医療機関向けサービス「エースビジョン」を販売開始した。患者自身が診療情報の一部を保管・閲覧することを可能にするサービスだ。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

関連キーワード

電子カルテ | 医療IT | 医療クラウド


photo メディカル・データ・ビジョンの病院経営分析システム「Medical Code」の表示例《クリックで拡大》

 メディカル・データ・ビジョンは、医療データを蓄積するデータネットワークサービスと、蓄積した医療データを基にした情報提供サービス「データ利活用サービス」を展開する。同社はこれまでに1000万人規模の診療データベースを保有し、その医療データを利活用するノウハウを備える。

 2015年6月、メディカル・データ・ビジョンは利用者自身が診療情報の一部を保管・閲覧できる医療機関向けサービス「エースビジョン」を販売開始した。

photo メディカル・データ・ビジョンの浅見氏

 同社の専務取締役 浅見修二氏は「医療・健康情報のIT化が遅れており、診療情報の活用が十分にはなされてない。会社設立当初から、自分自身の医療・健康情報を生涯にわたって把握できないという現状に問題意識を抱いていた」と語る。

 その上で「カルテは医師も使うが、基本的には患者のもの。このサービスはカルテ情報を患者に返すことが狙い。将来的には、生涯を通じて生活者自身が医療・健康情報を把握でき、それらの情報を基に医療・健康分野のサービスを選択できる社会を目指す」とサービス開発の背景を説明する。

デジタル健康サービス「エースビジョン」とは?

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...