2015年08月06日 12時00分 公開
特集/連載

ソーシャルメディア分析ツールに期待される「その道のインフルエンサー」を見分ける力知りたいのは「特定分野において影響力を持つ人」

ソーシャルメディアリスニングは標準的な慣行になりつつあるが、Webで交わされる特定の会話の重要性を判断するための指標となる基準はまだ確立の途上にある。

[TechTarget]

関連キーワード

ソーシャル | SNS | データ分析


自社の顧客情報とソーシャル情報の統合はマーケティングの大きな課題(参照:なぜ、いま、DMPなのか?(ITmediaマーケティング))《クリックで拡大》

 ソーシャルメディアで大きな影響力を持つ“インフルエンサー”の分析は確かに重要だ。ソーシャルメディアリスニング(ソーシャルメディア内の話題や書き込みを傾聴すること)のためのインフルエンサー分析ツールの多くは、全般的に影響力の大きい人物の特定はできても、テーマごとの特定はできない。例えばソフトウェア企業の場合、ジャスティン・ビーバーの影響力の大きさは問題にならない。求められるのは、自分たちの特定分野において影響力を持つ人物だ。重要性はそこにある。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...