2015年04月13日 12時00分 公開
特集/連載

「地図+データ」は言葉の壁を超える、ロケーションインテリジェンス活用法ビジネスユーザー向けのツールが拡充

地理情報の活用はとりわけ新しいものではない。だが、「ロケーションインテリジェンス」(LI)と呼ばれる一般のビジネスユーザー向けの手軽なツールによって、新たな形で地理情報の活用が拡大している。

[Ed Burns,TechTarget]

 スイスに本部を置き、自然災害や人災の犠牲者を救援する国際人道団体、Medairの英国支部が最近実施した資金調達イベントでは、豊富なデータが盛り込まれた地図が、寄付を取り付けるのに大きく貢献した。

 Medairのある職員は、英語が少ししか話せないフランス人のイベント参加者と話した。言葉の壁のために、Medairの活動を支援する意義を説明するのは難しかった。しかし、この参加者は、内戦が続くシリアからレバノンに逃げてきた難民の救援に、どれだけの費用や他のリソースが投入されているかというデータが図示された地図を見ると、その意義を理解した。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...