2013年12月12日 15時00分 UPDATE
特集/連載

新技術の導入が進む英国交通業界駅を出たらすぐタクシー Google Maps活用し鉄道会社が新サービス

交通業界でGoogle Mapsの活用が進んでいる。例えば、タクシー会社や自動車協会などでは、配車システムやロードサービスでGoogle Mapsの地図機能を生かし、業務を効率化している。

[Clare McDonald,Computer Weekly]

 英鉄道会社のGreater Angliaは、「Google Maps」の地図機能を組み込んだ、タクシーの予約アプリを2014年に提供開始する予定だ。車両管理ソフトウェアプロバイダーの英T Dispatchが開発を進めている。これによって、駅の利用者は、タクシーの配車予約を容易に行えるようになる。

配車システムの効率化で空車時間を削減

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...

news083.jpg

メルカリ調査で判明 フリマアプリは「新品」の購入も後押しする
フリマアプリの普及で中古品の二次流通が活発になると新品が売れなくなると思われがちで...