2013年12月12日 15時00分 公開
特集/連載

駅を出たらすぐタクシー Google Maps活用し鉄道会社が新サービス新技術の導入が進む英国交通業界

交通業界でGoogle Mapsの活用が進んでいる。例えば、タクシー会社や自動車協会などでは、配車システムやロードサービスでGoogle Mapsの地図機能を生かし、業務を効率化している。

[Clare McDonald,Computer Weekly]

 英鉄道会社のGreater Angliaは、「Google Maps」の地図機能を組み込んだ、タクシーの予約アプリを2014年に提供開始する予定だ。車両管理ソフトウェアプロバイダーの英T Dispatchが開発を進めている。これによって、駅の利用者は、タクシーの配車予約を容易に行えるようになる。

配車システムの効率化で空車時間を削減

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...