2015年03月26日 12時00分 公開
特集/連載

AWSユーザーがうらやむ、Azure、Googleの侮れないクラウドサービスとは用途で選ぶクラウドベンダー

Amazon Web Servicesがクラウド市場をけん引していることは明らかである。だが、MicrosoftとGoogleのサービスにもそれぞれメリットがある。自社に合ったクラウドプロバイダーを選ぶ基準とは。

[Dan Sullivan,TechTarget]

 クラウド市場に関する議論は大概、米Amazon Web Services(Amazon)が市場をリードしていることから始まる。Amazonが提供するサービスは強力で、市場占有率が高いことは紛れもない事実である。だが、だからといって必ずしもAmazonが最適な選択肢になるとは限らない。ビッグデータを扱っていたり、ハイブリッドクラウドを使っていたり、米Microsoftのツールに対応した多くのソフトウェアプラットフォームを所持しているなら、クラウドベンダーを選び直すことをお勧めする。Microsoftの「Microsoft Azure」(Azure)とGoogleの「Google Cloud」は、「Amazon Web Services」(AWS)の代替として手堅い選択肢だが、どちらがあなたに合ったクラウドサービスだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...