2014年08月29日 12時00分 公開
特集/連載

5分で分かるGoogle Compute Engine AWS、Azureにはない特徴とはGoogle、Amazon、MicrosoftのIaaSをめぐる戦い

米GoogleのIaaS「Google Compute Engine」は、一般提供が始まってから1年未満である。にもかかわらず、既に大きな影響力を持ち始めている。本稿では、このクラウドサービスの主な特徴を紹介する。

[Casey Benko,TechTarget]

 米Googleは、IaaS(Infrastructure as a Service)市場で優位な地位を確保するため、米Amazon Web Services(以下、Amazon)の「Amazon Web Services」(以下、AWS)に対抗する主張を展開している。だが、同社のIaaSである「Google Compute Engine」(以下、GCE)は、AWSの競争相手として力不足ではないのだろうか。

 GoogleがGCEの一般提供を開始してから、まだ1年もたっていない。しかしながら、既に大きな影響力を持ち始めている。IaaSに分類される同サービスの比較対象となるのは、「Amazon Elastic Compute Cloud」(以下、EC2)である。

 GCEには、負荷分散やDNSサーバ、仮想マシン(以下、VM)を管理するAPIが用意されている。GCEの中核となるコンポーネントはVMである。VMでは、実行するアプリケーションに応じて、必要なCPUとRAMの組み合わせを設定する。

新参者のGoogle Compute Engine

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。