2015年10月02日 12時30分 公開
特集/連載

MicrosoftとSalesforceの提携強化、“本当のニュース”から見えること「Lightning」と「Office 365」が統合

MicrosoftとSalesforceが提携を強化し、開発プラットフォーム「Lightning」とOffice365が統合される。さらに両社はIoTに向けて、大きな取り組みを考えている。

[Lauren Horwitz,TechTarget]
Salesforce.comの公式Webページ《クリックで拡大》

 米Microsoftと米Salesforce.comは、Salesforceの新しい開発プラットフォーム「Lightning」とMicrosoftのクラウド版オフィススイート「Office 365」との統合に向けて提携を強化すると発表した。ただし本当のニュースは、両社が「IoT(モノのインターネット)」向けの新しいクラウドプラットフォーム「Salesforce IoT Cloud」(IoT Cloud)での連携を見据えていることだ。

 クラウドベースのCRMベンダーであるSalesforceとOS大手であるMicrosoftは2014年、Salesforceの年次カンファレンス「Dreamforce 2014」において提携を発表した。かつてライバル関係にあった両社だが、2015年のDreamforceカンファレンスでは提携の強化を発表。MicrosoftはSalesforceの開発プラットフォームであるLightningのサポートを表明している。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...