“金のなる木”「API」がサイバー犯罪者に狙われているSalesforce.com、Expediaも依存する「API経済圏」

米Expediaが売り上げの9割を稼ぐなど、オンラインサービス事業者の稼ぎ頭に成長した「API」。一方で、“金のなる木”はサイバー犯罪者の関心も引きつける。対策はあるのか。

2014年07月07日 15時00分 公開
[Brandan Blevins,TechTarget]

 「スマートフォンアプリ」「クラウドサービス」「最新式の自動車」に共通していることとは何か。いずれも、他のインターネット接続デバイスとのデータ共有に「アプリケーションプログラミングインタフェース(API)」を使用している点だ。ここ数年で何千もの新しいAPIが生まれている。

 だが多くのAPI開発者にとって、「セキュリティは付け足しでしかない」とセキュリティ専門家は警告する。APIは、機密データの漏えいを引き起こしたり、攻撃者の格好のターゲットにされたりする可能性が高いということだ。企業にとっては、「APIゲートウェイセキュリティアプライアンスの導入」が徐々に必須になりつつあると考える専門家もいる。

APIの増加は「機会」と「脆弱性」の両方を誘発

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...