2015年06月05日 08時00分 公開
特集/連載

わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック初めてのOffice 365

Office 365を導入するに当たって、どのライセンスを選択すべきか。何を準備すべきか。IT担当者として事前に押さえておくべきことをチェックしてみましょう。

[阿部直樹,エディフィストラーニング]

 前回(「「どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か」)見た通り、「Microsoft Office 365」が提供するサービスは多岐にわたります。製品別に見ると、「Microsoft Word」「Microsoft Excel」などのOfficeアプリケーションに加え、「Exchange Online」(メール)、「SharePoint Online」(ファイル共有)、「Skype for Business Online」の3つのクラウド型サービスを提供しています。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途や利用人数に応じてさまざまなプランが用意されていますので、IT担当者はその中から自社の要件に合うものを選択することができます。

Office 365の機能をフル活用したいならEnterpriseを選択

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

news014.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news146.jpg

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...