わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック初めてのOffice 365

Office 365を導入するに当たって、どのライセンスを選択すべきか。何を準備すべきか。IT担当者として事前に押さえておくべきことをチェックしてみましょう。

2015年06月05日 08時00分 公開
[阿部直樹エディフィストラーニング]

 前回(「「どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か」)見た通り、「Microsoft Office 365」が提供するサービスは多岐にわたります。製品別に見ると、「Microsoft Word」「Microsoft Excel」などのOfficeアプリケーションに加え、「Exchange Online」(メール)、「SharePoint Online」(ファイル共有)、「Skype for Business Online」の3つのクラウド型サービスを提供しています。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途や利用人数に応じてさまざまなプランが用意されていますので、IT担当者はその中から自社の要件に合うものを選択することができます。

Office 365の機能をフル活用したいならEnterpriseを選択

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...