2015年06月05日 08時00分 公開
特集/連載

わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック初めてのOffice 365

Office 365を導入するに当たって、どのライセンスを選択すべきか。何を準備すべきか。IT担当者として事前に押さえておくべきことをチェックしてみましょう。

[阿部直樹,エディフィストラーニング]

 前回(「「どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か」)見た通り、「Microsoft Office 365」が提供するサービスは多岐にわたります。製品別に見ると、「Microsoft Word」「Microsoft Excel」などのOfficeアプリケーションに加え、「Exchange Online」(メール)、「SharePoint Online」(ファイル共有)、「Skype for Business Online」の3つのクラウド型サービスを提供しています。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途や利用人数に応じてさまざまなプランが用意されていますので、IT担当者はその中から自社の要件に合うものを選択することができます。

Office 365の機能をフル活用したいならEnterpriseを選択

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...